スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミハ・キミ?

ようやく長い出張が終わりました。
あ~疲れた。
日本全国を回りながらも、考えることはF1のことばかり。
気が付いたら開幕まで1週間切ってるし。



でも、ちと気になる話題はもちろん、
キミ・ライコネン、2006年からフェラーリ移籍?!ってなニュースですね。



いや~いつかはフェラーリ・・だと思ってたけどさ。
ミハエルがいようがいまいが移籍してくるんか!
すごい自信だキミ!
でも、そんなにびっくりしないのは、キミの性格考えると想定内だからなのかなー。



キミにとって、問題は、
どんなマシン作ってくれるの?ってことだけの気がする。
だから、マクが今年完璧に壊れなくて速いマシン作っってたら
マクにいたように思う。アロンソとガチになっても。
それができなくて、
長期間を考えると、ルノーも先行き怪しい現状では。
たしかにフェラーリしかないよな・・と思うのは当然。




・・・でもさ。




キミ忘れてないか?
跳ね馬がずーっと勝てなかった時代のこと。
ミハエルが入る前の跳ね馬は、
たまに勝利はあれど、よく壊れる、いまいち競争力に欠けるチームだっただよ。一応ドライバーにも金かけてたのにも関わらずね。


ミハエルが入ったのは、そんな、由緒ばっか正しいけどいまいちぱっとしないチームだったんだよなー・・・。



いま、ミハエルが辞めたあとの跳ね馬を考えると、
2005年の体たらくがつい浮かんでしまうちゅーか。


けっこうしんどいチームになる悪寒。
2006年だって、もう死んでる人をたたき起こしてきて無理やりやってるような感じするしさ。(バーンとかトッドとか)(;´Д`)


ミハエルがいるから(ミハエルが鞭振るってるから?)みんな最期の一花でやってる。
それがぎりぎりフェラーリの、最後の花火なのかもしれない。
ルカ社長だって引退するかもしれない。



そのときに。



ほんとにフェラーリでいいのか?>キミ。



それはもちろんアロンソにも言えることだけど。




速いマシンを作ってくれるチームと契約する。
それは当たり前。
その価値が彼らにはあるから。



でも、やっぱり、
ワールドチャンピオン取った直後に、
没落貴族の跳ね馬に移籍を決めたミハエルを、
その自信を、傲慢さを、かっこいいと思うんだよね、いまでも。
「オレがいればいつかは取れますよ、タイトル」ってーな感じがさ。
そんで、実際、最初の何年か勝てなくても見捨てなかった。
マクにもウィリアムスにもやられて、ティフォシにもぶーぶー言われて、それでもあきらめなかった。それがミハエルのすごいとこなんだよな・・。ほんとにやっちゃうからさ。(;´∀`)



ま、昔話をいくらしてもしょうがないので。
問題は、来年です。



ミハエル&キミ。



う~ん。酒癖悪そうな二人組・・・?




じゃなくて!(;´Д`)
スポンサーサイト

テーマ : F1GP 2006
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぶちょー

Author:ぶちょー
復活のいぶし銀いろ皇帝!!!!
ミハエルシューマッハは永遠のお気に入りとしつつ、
ヴェッテルもマッサもアロンソも、
とにかく熱いヤツを応援している、
まったりミーハーF1ファンです。

QRコード
QRコード
ご来訪ありがとうございます

最近の記事
月別アーカイブ
コメントありがとうございます
カテゴリー
最近のトラックバック
オススメ本
シューマッハ-F1、プライベートのすべてを語る シューマッハ-F1、プライベートのすべてを語る
ザビーネ・ケーム (2003/07/05)
PHP研究所
この商品の詳細を見る
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。