スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

F1GPニュース(6/2)

ほんとは、バルセロナテストも生でLT見てたんで、
ミハエルがバルセロナのコースレコード更新!した瞬間も見てましたけど。なんやかや忙しくて日記の更新はサボってました。(;´Д`)

といっても、バルセロナテスト、
ロングランはやってないので、
ルノーとどれくらいの差があるのか分からんのですがね。
大体、ルノーにはアロンソがいる!!!
もはや鉄壁の守りですからねぇ。

でも、ミハエル&跳ね馬が、モナコ事件以来燃え上がっているのは事実!もう後がない!!!ギリギリまでがんばって欲しいです。


さて、F1GPニュース。

モナコの駐車違反事件、川井ちゃんの意見はどうなんだろう??と思ったら。けっこう激しく同意!!!でしたね。

つまり、今回悪かったのは、
車をそこに停車してもいい、と思っちゃったミハエルの判断だと。
故意に停車したかどうかは分からないけど、
アロンソの位置は本当に分からなかっただろうし、
無線でもそのようなやり取りはなかった。
でも、本人は、そのラップでタイムを落としていたことは分かってただろう。
だから、マシンが停まったときに、
エンジン止めちゃって良しとした。
そこが問題!と。

そんな感じでしょうか。

ついでに、
あの予選が命のモナコで、
ラスト2秒の盛り上がりを台無しにした。
それがミハエルのやらかした功罪であると。
それも同意。
(実際ファンの私でさえ予選台無しにされて憤慨したくらいだし)


まぁ、そろそろこの事件も
過去になりつつありますが。
でもGPDAのドライバーさんたちはそうは思ってないらしく。( TДT)
次のイギリスGPで、理事辞任の可能性も含めてモナコ事件の弁明を求めるそうな。

・・・・トゥルーリ、そんなことやってるヒマあったら、
レースに集中せえよ。_| ̄|○

デラロサといい、トゥルーリといい、ビルヌーブといい、
シート危ないヤツばっかじゃんか。(デラロサはそもそもシートないし)まったく、走りでかなわないからってごちゃごちゃ文句をつけるなと。
しかし、ミハエルが、大事なイギリスGP前にそんなことで心乱されるといやだなぁ。

さてはて、ニュースの方ですが、

リアルタイムではちゃんと見てなかったので、
改めて見てますと。

いやいや、最初のキミがウェバー抜いてくところとか。
ミハエルのバトンのオーバーテイクとか。
フィジコが、アロンソの擬態(?)でBMW(誰だったんだろ?)抜いてくところとか、面白さ満載でしたね。
クルサードがミハエルの鼻先にマシンねじ込んだのもスゴイ!!!
さすがベテラン。老獪なにくいテクです。

それにしても、キミはがっかりでした。
セーフティーカーさえ入らなければあんなことにはならなかったとか。
それにしても、マシンポシャったときの冷静なあの対応、


・・・・
さすが、慣れてる。
_| ̄|○

とか思っちゃいました。
そんなことに慣れてどーすんだと。

でも、リタイヤ直後クルーザーで半裸だった件。
川井ちゃん曰く、
「アロンソはそんなことしないでしょうね。
まじめな子ですから」と。
キミは子供だとも言ってたなぁ。
でもいいんじゃね?
そこがキミのいいところ。
みんながミハエルやアロンソみたいだとつまらんから。マジで。

アロンソの冷静さふてぶてしさは、ホントにミハエルそのものです。
あぁ、キャリア最後の最後に、
ミハエルを倒すのは、やはりミハエルか。と。
同じタイプだからこそ、
ミハエルを倒すことが出来るんでしょうね。

しかも、今のアロンソは、精神面でもミハエルよりはるかに強い。
絶対に崩れない。
これが、この先チャンピオンシップ戦っていく上で
つらい部分だと思います。
マシンがいくら速くても、ミスったらおしまい。
これ以上ポイントが離されて行くと、どんどん追い詰められる。
そして、アロンソは精神的に余裕が出てくるはず。
だから今逃がしちゃダメだ。

ちなみに、私はまだもう一度ミハエルに流れが来る気がしている。
チャンスはきっとある!!!
・・・そう信じたい。

まぁ、今年の初めから言ってることですが、
チャンピオン取れなくてもぶっちゃけかまわない。
最後まで、ミハエルがあきらめないで戦う姿が見たいんだ。
しがみつく姿を見たいんだ。

キミや、バトンのように、
敗北宣言されるとファンはつらい。
そんな彼らをどうやって応援してったらいいんだろう。
嘘でもいいから、あきらめない、と言って欲しい。

ミハエルのいいところは、ぜったいに、
あきらめたと言わないところだと思う。
自分があきらめたら、チームの士気も、ファンの気持ちも
ダメになるって知ってるから。

みんなが自分のために必死で働いてくれてるって知ってるんだと思う。

あぁ、またしても、仕事に役に立ちそうですよ。
「ミハエル式」!!!!

書いてて、またしても、
自分もそんな風に仕事をしたいものだと思いましたです。
ありがとうミハエル部長!!!
スポンサーサイト

テーマ : F1GP 2006
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぶちょー

Author:ぶちょー
復活のいぶし銀いろ皇帝!!!!
ミハエルシューマッハは永遠のお気に入りとしつつ、
ヴェッテルもマッサもアロンソも、
とにかく熱いヤツを応援している、
まったりミーハーF1ファンです。

QRコード
QRコード
ご来訪ありがとうございます

最近の記事
月別アーカイブ
コメントありがとうございます
カテゴリー
最近のトラックバック
オススメ本
シューマッハ-F1、プライベートのすべてを語る シューマッハ-F1、プライベートのすべてを語る
ザビーネ・ケーム (2003/07/05)
PHP研究所
この商品の詳細を見る
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。