スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カペタ読んだ

話はちとそれますが。

今日はめずらしく早く帰れたので、
曽田正人の「capeta」というカート漫画をどかっと買って来て読んでました。

お、おもしろい。

貧乏な天才少年・平勝平太がカートを始めてフォーミュラカテゴリーに登りつめてく話、なんですが。
貧乏な少年→カートというだけで、ミハエルか?!と思うと、やはり作者はミハエルをめちゃめちゃ敬愛しているという根っからのフェラーリファン!(もとはニキラウダから始まるらしいけど)

てことで。

カバーイラストがいちいち、フェラーリのレーススーツ来たカペタだったり、ルノーだったりレッドブルだったり、それだけでもわははははーなんですが、巻末のおまけで、跳ね馬萌え語り(もちろんミハの似顔絵もあったり)とか片山右京や浜島さんのインタビューだったりと、

・・・・F1オタクの会報でつか?

って感じです。

特に、ハミーインタビューに出てくる、
「ミハエルはすっごくやさしい人だ」話は
何度もあちゃこちゃで聞くが・・・・いい。
(曽田さんのF1語り漫画が出たら買っちゃうな・・)

まー正直、
F1のほかは、Fポンたま~にダイジェスト見るくらいなんで、
その下のジュニアカテゴリーなど知りませんでしたし、
入門篇としてはいい感じです。
ちなみに、主人公カペタ君は背も低いし、目がでかくて髪ぼーぼーな感じが、モデルは琢磨?と思いました。
負けん気なところもそんな感じだし。
でも、ミハエルっぽい冷静完璧なヤツ追っかけてるからアロンソかも?


とか言いつつ、10巻がなかったので最新刊は読めてないです。
明日本屋で探してこよっと。

しっかし、久しぶりに漫画大人買いしちゃったよ。_| ̄|○
スポンサーサイト

テーマ : F1GP 2006
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

カペタは面白いですよね!自分も本屋で7巻の表紙を見かけた次の瞬間にはもう一巻から全部まとめて手の中に。一気に読んでしまいました。作中のあっちこっちから漂ってくる作者のF1に対する思いがひしひしと伝わってきています。後書きの語りも良い。大好きな作品です。蛇足ですが、カペタがF1でドライブするとしたらウィリアムズ→フェラーリのような気がします。

カペタはアニメの方で何度か見ましたが、(オープニングでフェラーリ乗ってますねw)作者さんが跳ね馬萌えだったとは知りませんでした!カペタのカート始める設定がなんかミハエルと似てるなぁとは思ってたんですが(^^;
コミックスの方もぜひ一度読んでみたいと思います。

>アフガーニーさん
7巻(笑!!そういや、マクラーレンですね。
カペタ、フランク・ウィリアムズが目をつけますか~それはロマンですね~。
でもスーパーアグリからだったりして。連載が追いつくまでチームがあればだけど・・(;´Д`)

>MUEさん
アニメもやってるんですよね。そうそう、負けず嫌いで、ぶつけてでも勝ちにこだわるって貧乏根性(爆)が、ミハエル!!!!ってかんじで泣けます。ぜひ、「ミハエル物語」も描いて欲しいなぁ~!!!
プロフィール

ぶちょー

Author:ぶちょー
復活のいぶし銀いろ皇帝!!!!
ミハエルシューマッハは永遠のお気に入りとしつつ、
ヴェッテルもマッサもアロンソも、
とにかく熱いヤツを応援している、
まったりミーハーF1ファンです。

QRコード
QRコード
ご来訪ありがとうございます

最近の記事
月別アーカイブ
コメントありがとうございます
カテゴリー
最近のトラックバック
オススメ本
シューマッハ-F1、プライベートのすべてを語る シューマッハ-F1、プライベートのすべてを語る
ザビーネ・ケーム (2003/07/05)
PHP研究所
この商品の詳細を見る
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。