スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モントーヤがNASCAR?!!!!

W杯見ながらちょろちょろF1ネタ漁ってたら、
モントーヤがNACARに転向?!

というニュースが。

Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)

くわしくわからんのだが。(英語だし)
とにかくこれまでの噂どおりチップガナッシでNASCARをドライブするらしい・・・

ちょうど「カーズ」観て来た日に・・・

ストーブリーグ最初に脱落は
なんとモントーヤでした。_| ̄|○
うっそーーーー・・・・
さびしい・・・・・・・モンちゃん。
今日になって、ずいぶん情報も入ってきましたが。

まぁ、本人としても、
窮屈つうか繊細なF1(ちょっと接触するだけでリタイヤな)より、
アメリカンレースのほうが性に合っていると、ポジティブな転向のようで。ある意味、カコイイ引き際かもなと思いました。

ちょうど「カーズ」見たばっかで、
アメリカ国内では、F1の扱いってこんな感じなんだよなって改めて実感できたのもあるけど。

確かに、モンとーヤの実力で言えば、いまだにトップクラスだと思うし、(7回も優勝してるしねえ)下位のチームならいくらでも走れたろうけど、モントーヤがこだわったのは上位チームだったってことで。勝てるマシンに乗らなくちゃ、F1においてはどうあがいても浮かび上がれないことをモントーヤは痛感してたんでしょうね。

でも、それって、最近のF1の致命傷のような気もする。
勝てるマシンに乗らないと、才能だけではいかんともしがたいほどに、
いまのF1は安定してパワフルで、壊れないから番狂わせも起こりえないし、それをコントロールするドライバーにも、完璧なオペレート能力が要求される。冷静に、指令を実行できる者のみが勝利できる。

ある意味、すごい高レベルの戦いなので、私とかは見ていてしびれますが、世の中的にF1人気が低迷している原因はその辺にあるんでしょうかね。

でもま、モントーヤのためを思えば、
まだまだ走れる(人気のある)今のうちに、
活躍の場を移したことは正解なのかもしれませんね。

これでNASCARの人気が世界的に上がればそれはそれでよいことだし。

がんばれモントーヤ。
もう一度コロンビアの暴れん坊として暴れまわってくれ!

といいつつ。
私はサーキットをうろうろしているモンちゃんの子供を見るのが大好きだったので。それだけは残念だよ~~~~ん。

それに、そもそも、キミ&モンのマクラコンビも、
なんか高校生男子友達っぽくてほほえましかったのに。

はぁ~~~~。

どんなドライバーでも。
見慣れたドライバーが去るときは
ホントさびしい。。。。。
スポンサーサイト

テーマ : F1GP 2006
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

モン吉くん・・・。
あの悪餓鬼みたいな所が魅力なのに・・・。
しかし、ご子息は父上に良く似ている。
詳しい情報を集めなければ!

おはようございます~。サッカー以来、妙に朝型になってしまい早朝から遊びに来ました。

おっしゃるように、今のF1はきっとモントヤには少し窮屈だったかもしれないなぁと思いました。けして他のドライバ達に劣っている訳ではないのに…この結果かぁと(´・ω・`)

見慣れたドライバが去る姿を見るのは悲しい…ほんとですね・゜・(ノД`)・゜・
私、アロンソの悪口書いてばかりですが(笑)でも彼がF1は終わりにするよ、と発表したらきっと物凄く悲しくて寂しくなるだろうなぁと思いました。
何だかんだ、ファンはドライバみんな大好きなんですよね。

モントヤには是非NASCARで大活躍して欲しいですねwタイトルを獲った!!と言う記事を読むのが楽しみです。

>座敷さん
ご子息はセバスチャンと言うのですね。
やっぱり皆、「セバスチャンが見れなくなる~~~」と暴れているようですね。ほんとだよッ!!!あの親子見るのがなにげに楽しみだったんだい!!!

>夕さん
そうなんですよね。私も、なんだかんだ言ってF1のドライバーみんなが大好きなんです!!!文句言っててもアロンソがうなだれてると「が、がんばれよっナノ!!!」とか思っちゃうし。でも、ミカみたいに、カテゴリー変わってもしょっちゅう顔見せしてくれるようになるといいなぁ。モンちゃんも。
プロフィール

ぶちょー

Author:ぶちょー
復活のいぶし銀いろ皇帝!!!!
ミハエルシューマッハは永遠のお気に入りとしつつ、
ヴェッテルもマッサもアロンソも、
とにかく熱いヤツを応援している、
まったりミーハーF1ファンです。

QRコード
QRコード
ご来訪ありがとうございます

最近の記事
月別アーカイブ
コメントありがとうございます
カテゴリー
最近のトラックバック
オススメ本
シューマッハ-F1、プライベートのすべてを語る シューマッハ-F1、プライベートのすべてを語る
ザビーネ・ケーム (2003/07/05)
PHP研究所
この商品の詳細を見る
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。