スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10ポイント差!!

しばらくこもろうと思うくらい、
昨日のレースが壮絶で、もう何て気持ちを表現していいか
分からなかったんですが。

一晩明けたら、

ミハエルにポイントが1ポイント追加されてる?!


ななななんだーッすげぇ!!神様からのプレゼントだ!!!
きっと、ミハエルがあんまりすごい執念でポイント欲しがったから、
かわいそうになってくれたんだ。
わーいわーいわーい。

クビカありがとう。

(っていうか、何でいきなりクビサになっちゃったの?!
 これまでずっとクビカってゆってきたからすごい違和感。)

で、さっそく日記を書き始める現金なワタクシ。(;´Д`)


いやね。
昨日は、本当に力尽きてて、
自分の中に渦巻くごーごーした感情に、なんと折り合いつけてよいものかってな感じでした。

あ、でもね。

ガッカリ感とかじゃないんです。
もちろん、タイヤ交換すれば3位狙えたのにっていうガッカリ感はありますよ。でも、それに関しては、ぜんぜんいいって言うか。

私の昨日を言い表すと、

ミハエルが好きで好きでしょうがなくて、
ああもうどうしたらいいんだ~ッ!!!


っていう気持ち?

(馬鹿だ・・・われながら_| ̄|○)

それくらい、昨日のレースは、
最初から最後まで、ミハエルのショーでしたね。

スタートで、いきなりアロンソとともに一気に前に出て。
さすがレインマスター!!!とこぶしを突き上げるも、
ブリジストンのスタンダードウェットは、ミシュランにぜんぜん歯が立たず。雨ざーざーの中で、どんどんタイムが落ちまくり。
で、ついにはアロンソにも抜かれちゃうし。
ずるずるとミシュラン勢に引き離されていく。
一方、調子に乗ったアロンソは、がんがん抜いてって、
キミがピットのすきにそのままトップになっちゃうし。
もう、ダメだッ!!!万事休す・・と思ったね。

でも、まさかのキミのクラッシュで、セーフティーカーが入ってからは。周回遅れも取り戻し、ギャップもリセット。
でも、相変わらずのタイヤ差で、やっぱりずるずると・・・
と思ったら。

アロンソ、まさかのリタイヤ!!!!

や、・・・やった、これで今回1ポイントでも稼げれば御の字だ!

と思ってたら、空も明るくなってきて、
ようやくブリジのスタンダードウェットが機能し始める。
そこから、ファステスト連発のミハエル、鬼神の追い上げ開始!!!

すごい・・・すごいよ!ミハエル。

そして、最後の最後、みんながドライに履き替えて出てくる中、
どうしても2位を死守したかったミハエルは、
1人ウェットのまま走り続けるんだよな・・・

だけど、3秒近く差があるデラロサとハイドフェルドを防ぐのは、さすがに辛そうで。みるみる迫られる。防ぐ、でも攻められる。

ああああ、ミハエル・・・・なんてこったい!!!

だけど、ミハエルは戦い続けた。

弟ラルフも昔言ってたが、
「兄貴は狂ってる」

そんな走りでした。
抜かれた瞬間、シケインショートカットで抜き返したり。
(それルール違反じゃないっけ?)

抜かれてたまるか、ポイントひとつでも多く獲って帰るんだ!!!
俺は、勝つんだ勝つんだ勝つんだ!!!っていう目を血走らせて常軌を逸した顔が思い浮かぶような、
すさまじい執念。

見ていて、鳥肌が立つほど、すごかった。

そして、・・・・ついに、失速。

残り3周。

ミハエルのタイヤは、スリックか?!というほど
溝もなくなるほどつるつるに磨耗してた。

何で、こんなタイヤで、あそこまで走れたんだ・・・
たぶん、ミハエルは、最後の最後まで、
自分の力で、二人を抑えきれると判断したんだろう。
どんなにタイヤがひどい状況でも。


どうして、そこまでするのか。
アロンソが0ポイントなんだから、
1ポイントでも多く手堅く取れればいいはずなのに。・・・



それが、ミハエル・シューマッハなんだな。
3位よりも2位を。
狙える限り、優勝を。

その執念。妄執といってもいいくらいの、気持ち。

それがあるから、ミハエルを見ていると泣きたくなるんです。

なんでこの人はそこまでするだろう。
無茶とも馬鹿げてるとも思える執念で。
それですべてを失ってしまっても、
多分本人も、制御できないくらいに、

そこまでして勝ちたいと思うのか。


だからね、
昨日は、すべてが終わって、がっくりして、
でも、とんでもないレース見せてくれて、あぁ、本当に、
ミハエル・シューマッハが好きで好きでしょうがないよッ!!!
こんちくしょーッ!!!!

って気分でした。(;´Д`)

自分の中のミハエル愛が怖い。
このままではミハエル愛に暴走した日記を書いてしまうよっ!!!
ってくらい。(一夜明けてけっきょく書いてるけど)

いやいや、
普通のファンの皆さんは、
昨日のレースを「がっかり」「忘れたいレース」とおっしゃってたりもするみたいなんで、
私ちょっとおかしんじゃないか?!
って不安もよぎりますがね。(;´Д`)

でも、私にとっては、
ミハエル愛してる!!!って叫びたくなるようなレースでしたよ。
そして、この人のいないレースなんかもう見れないかも知れん!!って絶望的な気持ちになるような。


ちなみに、ミハエルの談話から。
「でもこれが僕のやり方なんだ。つねにトップを目指していたいし、これまで勝てたのも、こうしたことをしてきたからだよ」

ええもう、言われなくても分かってますよ。
それが、アロンソじゃなくて、ミハエルに熱狂する理由だってこともね。

結果はわずか1ポイント。
でも、ミハエルが私に見せてくれたものは、
10ポイントの価値があるよ。
スポンサーサイト

テーマ : F1GP 2006
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

初めまして、毎回更新楽しみにしています♪
同感です!個人的には、今年のたくさんの2位で終わったレースは何年かたったら「えーと、どれがどのレースだったっけ?」と思うでしょうけど(笑)昨日のレースは結果はアレでも絶対に忘れられないレースになりました。ん・・・私も変なファンなんですかね(笑)?
タイヤ持たないよーと思いつつもあれだけ「絶対2位は譲らんっ!」と本人が諦めてないのを見たら、ファンがもういいよ、なんて言えないですよね(><)
一夜明けてポイントが転がり込んでいたのもなんだか必然のような気がするほどすごかった(爆)。
本当に、こういうレースを見るたびにどうしてこの人が好きなのか思い出しますよねー。

ミハエル本当に魅せてくれました・・・。
シケインでデラロサに抜かれたとき「違反してでも!」っていうあの気持ち。
引退話の出ている人の走りじゃありませんよあれは。
あんな人をここで終わらせていいわけがない。
来年も再来年もず~っとミハエルの走りを見ていたいと心から思いました。
ミハエルかっこよすぎます。。。

・・・ちなみに。
ニック棚ボタおめ>w<
いつか実力で表彰台を!!!

↓初めてふらっとコメントしたのにお名前まで出していただいてどうも。

そう!私もです、ミハエルが愛しかった!
あの時タイヤ交換していれば・・・と思うものの、ミハエルらしい戦い方でしたよね。
確かにいつも大人気ないなーとは思うものの、ミハエルの勝つことへの執着心の強さを垣間見るたびに兄さんをかわいいと思います。表彰台に上ったときなんて、何度勝っても本当に嬉しそうですもんね。
私も一緒に叫ばせてください。ミハエル愛してるーっ!!って。
それにしても、私は雨はBSってイメージあったのになー。こんなに大差がつくとは・・。残り雨が降らないことを祈るばかりですね。

はじめて来ました。ぶちょーさん、ここまでマジメにF1ブログやってると思わなかった。しかも、デカイ文字とか色文字とか使ってるし。あと、けっこうコメントついてるし、なんか悔しい(笑)。

いやー、でも、ハンガリーはひと昔まえのF1みたいな見事な荒れっぷりで、ホント、ひさびさに面白かったっすよ。昔はさ、セナが無茶なブロックしたりとかさ、マンセルのタイヤが取れちゃったりとか日常茶飯事だったから。

でさ、ぶちょーさんも知ってるとおりね、ぼくね、本当はシューミー嫌いなの。でもね、なんかさ、路面がすっかり乾いてるのにツルツルのインターミディエイトでしゃかりきに走ってるアイツ観ててさ、ちょっと真剣に応援しちゃってる自分がいたわけ。自分で自分にビックリよ。

だって、無茶だもん(笑)。

で、そういう無茶してるヤツがさ、若モンじゃなくて7回も王者になってるオッサンてゆーのがちょっと昔を思い出すとうか、感動というか・・・ヤバい、俺、年とったか?

えっと、一応、ぼくのブログでもF1ネタとりあげました。正直、あんま面白くないけど、宣伝。

名レースでしたね。私も疲れました~。
バトンの優勝には予想外に感動。日本だからって理由で応援したことは1度も無かったのに。

それにしてもあれだけあったポイント差を10まで縮めたのはやはり執念のなせる業ですか。
ポイント取ってるし!
去年のモナコで誰かが言ってたことを思い出します。うろ覚えですが
「2004年までのミハエルは自分だけはクラッシュに巻き込まれない強運があった」と。
なぜそんなことを覚えてるのか自分でも不思議ですが(笑)その強運も本格的に復活っぽいしますます楽しみな残り5戦です(早くもあと5戦・・・)

ところでクビカ。英語読みではロバート・クビカ、ポーランド語読みではロベルト・クビサになるそうです。
本人がクビサと呼んでくれと言ったとか。なのでこれからはロベルト・クビサと表記されるようになるんじゃないですかね。

どうもこんちわ☆
僕もこのレース、いつまでも印象に残ってるんだろうなー、って思いました。
純粋にレースと勝負と勝つ事が好きな、昔のままのイケイケミハエル。

ああ、だから俺はミハエルが好きなのさ。
アロンソ、あんたこんな事やらないだろ。だからつまんねえんだよ。
みんな少しはオッサン見習え!って思いましたね~。

でも胃がキリキリ痛いレースでしたねw

毎度書いてみてから恥ずかしくなるミハエル偏愛日記に、皆様ドン引きせずコメントありがとうございます。(;´Д`)

>桜莉さん
そうですそうです!後から思い出してもちゃんと覚えているだろうなっていう死闘でしたよ。(死闘って言っても、ミハエルVSタイヤって感じだけど)
本人があきらめてないんだからっていうのは、激しく同意。あのあきらめない姿勢に、毎度毎度脱帽させられ、頬ひっぱたかれる感じで思い出しますね。「あぁ、そういや、こんなヤツだから好きだったんだ・・・」って。ww

>にっくさん
そうです!ニック3位でしたね。おめでとうございます~(ホント他の人の話をも少し書かないと)(;´Д`)
それにしても、これでミハエルが見れなくなったら、私はどうなるんだろう・・・ってもはや麻薬中毒患者といっしょです。もっともっとミハエルらしいミハエルのレースを見ていたい・・・_| ̄|○

>がちゃぴんさん
あぁ、良かった・・・同じ気持ちの人がいて。笑。実際、私、叫んでましたから。「愛してるぞっ!!!マイケル!!!」と。(;´Д`)
それにしても、久々のウェット、タイヤの性能差には凍りつきました。ウェットといえばブリジストン・・・雨といえば兄さん有利・・・のはずが。これは鈴鹿までに何とかしないと大変です。(ある意味今回分かってよかったのかも)

>むっしゅさん
あ、どうもどうもご来訪ありがとうございます。こんなミハエル偏愛サイトに成り下がってますが、もう私の中のボルテージは上がりっぱなしです!セナ・プロ・マンセル時代は、ビデオでしか見たことないですが、たしかに、昔のほうがみんな無茶やって伝説つくってましたよねぇ。リアルタイムで見てなかったことが本当に悔やまれる・・・_| ̄|○でも、今回のレースで、またF1の面白さにがっつりはまってますよ。

>ハジメさん
確かに、私も、君が代を聞いたらこみ上げるものがあり。日本人だったんだなぁ・・と改めて思いました。なんにせよ、初優勝の瞬間というのはすばらしいですね。(もうちょっと落ち着いた精神状態で見たかったけど)(;´Д`)
クビカは、ご本人の希望なのですね。しょうがないからこれからはクビサにするか。クビサクビサクビサ・・・言い慣れないと。

>グリさん
そうですそうです!アロンソが萌え足りないのは、ここで絶対手堅くポイント取りに来ちゃうところ。レースする前から2位でいいよって言っちゃう感じ。ええぃ若いんだからオッサンに食らいつけぃ!!!どっちが年長者か分からないよ、ホント。で、私も胃が痛かったです。ええもう、予選の時からずーっとね。(;´Д`)
プロフィール

ぶちょー

Author:ぶちょー
復活のいぶし銀いろ皇帝!!!!
ミハエルシューマッハは永遠のお気に入りとしつつ、
ヴェッテルもマッサもアロンソも、
とにかく熱いヤツを応援している、
まったりミーハーF1ファンです。

QRコード
QRコード
ご来訪ありがとうございます

最近の記事
月別アーカイブ
コメントありがとうございます
カテゴリー
最近のトラックバック
オススメ本
シューマッハ-F1、プライベートのすべてを語る シューマッハ-F1、プライベートのすべてを語る
ザビーネ・ケーム (2003/07/05)
PHP研究所
この商品の詳細を見る
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。