スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

F1夏休み

いやいや、F1夏休みですね。
この間は、ニュースの更新もがたっと減るし、
噂ばっかが横行して、今年なんか心臓に悪い噂ばっかで
一喜一憂しちゃダメだ!!!と思ってるのに、見事一喜一憂。(;´Д`)

ええ、どうせ、GPでもないのにこんなとこにおいでいただいてるのは、F1が好きで好きでたまらないとか、
ミハエルが好きで好きで死にそうだっていう奇特な方、
つまり同志!!!
ちゅうことで。

更新する内容もなくとも、
夏休みは、通常通り営業いたします。

いっしょに噂話に一喜一憂しながら
F1のない寂しさを紛らわしましょう!!!(爆



というわけで、さっそくミハエルのネタ。

なんだか、もう、ヨーロッパ方面の各紙は、
ミハエルは引退するもんだっていう前提の下いろんな話を進めてますけど。

そんな中、
「マラネロ方面では、ミハエル続投って噂が出てるぜ!」っていうのと。
なにより心強いのは、パパマッハ!!!

このコメントですよ。(F1GPnews様の記事から)

パパマッハは前から「ミハエルは若者に負けたって思ったら引退するだろう」って言ってたと思うんで、(あれ?本人が言ってるんだっけ?)

今回の記事は要するに。

ミハエルは若者に負けてるとは毛ほども思ってないと。(;´Д`)

それどころか、どっかの記事では、
「ミハエルは、キャリアの最後に、
イコールコンディションでチームメイトと戦ってみたいと言ってる」
ってな驚愕のコメントも出ていました。(ほんとかよ)

ミハエル・・・・キャリア最後だっちゅうのに、
まだまだ若者と戦う気満々か!!!!

それにしても、パパマッハのコメントの最後の、
「F1にはもう1人シューマッハがいるよ(・∀・)」って言うコメントには・・・・吹いた。
相変わらずいい味出してますな!さすがミヒャ父!!!


さてさて、
それにしても、こないだのハンガリー、
私はしびれてたんだけど、
やっぱし、マスコミ的には、

「シューマッハは馬鹿なんじゃねーのか!!!」

って論調なんですね。
や、・・・やはりね。

そりゃ、世界は、みんな私のようなミハエルに心底ほれ込んでいる
目が腐ったファンだけで出来てるわけではないですものね。

こちらこちらを参照

なんだよっ!!!
ドイツもイタリアも、相変わらず厳しいなぁ。
ニキ・ラウダ御大もなんだか
「ミハエルのばーか!」とか言ってるし。
「アロンソだったらそんな馬鹿なことしない」ってさ。

知ってるよ!!!!

だからアロンソには萌えないんじゃん!!!
ニキさん・・・何言ってんの。

確かに結果的には、ミハエルが点差つめられなかったわけだけど、
点差ちまちまとつめるような走りを見たかったと?本気で思ってるんですかね?皆さん。

つうか、そこまで点差つめられなかったことにがっかりしちゃうなんて、

ホントはみんなミハエルのこと応援してるんでしょ?!!!(゚∀゚ )

とか馬鹿なこと言ってみたりして。
まぁね、もしもあれで、3周こらえてたら、
すんごい英雄扱いだったんでしょうけど。
でも、私は、あれで、「マシンごんごんぶつけてリタイヤにもってっちゃったほど、気が狂うようなレース魂燃やしたミハエル」っていう事実に感動したので。

全然いいんです。

あれを、あの年で、7回チャンプがやる。
そのすべてに意味があるんだからさ。


っていうか、あそこで引いちゃうような走りしたら、
それこそ、ミハエルもう引退したほうがいんじゃね?って思ってたと思う。じっさい。

まーそういう走りを見て、パパマッハも
「こいつまだやめる気ねーんだな・・」って思ったのでしょうよ。(;´Д`)

おっと、またミハエル愛に暴走しているうちに長くなったのでこの辺で。

最後におまけ。

暑中お見舞いに、ミハエル@ようつべなど。

2004年FIA表彰式のオープニング映像ですね。
さすがかっこいーです。
最後の「don't stop me now」は、涙出るほどいいです。
そうだ!!!シューミを誰も止めるな!!!!

(って、要するに地上波オープニングの選曲はこれが元ネタだったわけね)(;´Д`)
スポンサーサイト

テーマ : F1GP 2006
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんわ~。
ヨーロッパのほうのメディアって何かあればすぐに叩きたがりますよね。
素直にあの姿勢を褒めてあげればいいのに。
そういえば、ハンガリーGPのラストの方ニックに抜かれたときミハエル
サスペンション壊しちゃってたんですね~(。。*)
タイヤダメになっただけで急にあそこまで走れなくなっちゃうものなのかと思いましたよ。。。(あの後コーナー全然曲がってなかったし

それにしても「ミハエル@ようつべ」
ミハエル激カワですね(; ̄□ ̄A アセアセ
最初から最後までにやけっぱなしでした。
ってか・・・不治テレ・・・パクリすぎでしょ。。。
ライコネンが誰か突き飛ばしてるシーン前のオープニングで見たことありますしね~。

初めまして。
初コメントですけど、面白くて毎日読ませていただいております。
ぶちょーさんのミハエルLOVEぶりが、あまりにまっすぐで素敵です。
ちょっと笑えちゃうくらい。
私自身はジェンスLOVEですが、ミハエルも大好きですよ。ぶちょーさんのブログ読んでたら、前よりミハエルがかわいく見えてきました(笑)
>だからアロンソには萌えないんじゃん!!!
ホントにホントにそのとーり。
かわいげないんですよねー。隙の無さが。

また遊びに来ますねー

ハンガリーGPの話。  ぶちょーさんに同感です!他が続々とドライに変える中で、あのタイヤのまま行くんだ!ってわかった瞬間、体中に鳥肌立ちました。確かにドライに変えないのかなぁ、とは思ったし、変えてればある程度ポイントは取れたかもしんない。でもあそこは勝負だったんだよね。少なくとも2位以上は狙いにいってた。(と思う) その姿勢というか、勝負魂みたいのが最高なんです。冷静に考えれば順位は落とすだろう、って感じだけど、でもお前ならやってくれる!って思わせてくれるのがミハエルなんだよね。
ただ、リタイヤってのは誤算でしたが・・・

ライコネン。 例のフィンランド紙が、「5年235億円!」を伝えてるそうですが、やっぱり来るんでしょうか?ミハエルも最後はチームメイトとガチンコ勝負したいって?それはそれで楽しみだ!今までそんなのなかったからね(笑)  
明日はどんなニュースがでてくるんかなぁ?

FIA表彰式のビデオ、前に私も見ましたけどつくりが上手くて良いですね~w
ぶっちゃけFIAの表彰式は半分このビデオが楽しみでみてるようなもんなんで、今年はぜひともミハエルが逆転タイトルとってまたミハエルメインのビデオを作って欲しいものです。
ちなみに04年のビデオで個人的に一番ツボだったのは、モナコでリタイア後メットを投げつける兄さん映像の次に怯えたような表情のハミーの映像を繋げてるとかでしょうか。初見の時は思わず「FIA編集うますぎ~!!」と爆笑しましたw

>にっくさん
そうそう、ニックにもデラロサにもぶっつけつつ走ってたみたいですね。っていうか、最初のころにフロントウィングフッ飛ばしてたし。なんか満身創痍だったんだなぁ。(そこが萌え)
表彰式オープニングは、結構な確率で不治がぱくってますね。そのまんま使ってるのも見たことあるし。(;´Д`)はずかしくないのか!不治テレビの中の人。

>vivnyancoさん
ははは(;´Д`)お恥ずかしい。笑われてしまった。バトンよかったですねっ!ほんとに、願掛けの効果もあったようで。(これでヒゲをそってくれるのがうれしい私・・)ミハエルは、なんだか今年に入って一気にかわいさ大爆発!!の気がします。もともとかわいかったけど、なんだか隙だらけのかわいさというか、人としてのかわいさというか。・・・( ゚д゚)ハッ!また愛を語ってしまったよっ!!

>欧介さん
そうですよね~!!!よかった同じ意見の人がいて。(;´Д`)
お前ならやってくれるっていう感じは、いつもびしびし感じられますよね。跳ね馬クルーのまなざしからも。ここで決めなきゃ!で、びしっと決められるからカッコイイ。失敗しても、やっぱりカッコイイ。なにがなんでもおいしい人です。

>MUEさん
ほんとですね~表彰式にこんな素敵な映像特典(笑)があると知ってたらもっと前から見とくんだった・・・_| ̄|○(去年のアロンソvsキミ映像はもってるんだけど・・いらない)今年しっかり逆転してもらって、ミハエル寄りなビデオを作ってもらいましょう!!しかし、さすが欧米人は音楽の使い方が上手!!
あと、ハミーが覗き込んでるとこは私も大笑いしました。ホント編集がうまいよ~(ノ´∀`*)
プロフィール

ぶちょー

Author:ぶちょー
復活のいぶし銀いろ皇帝!!!!
ミハエルシューマッハは永遠のお気に入りとしつつ、
ヴェッテルもマッサもアロンソも、
とにかく熱いヤツを応援している、
まったりミーハーF1ファンです。

QRコード
QRコード
ご来訪ありがとうございます

最近の記事
月別アーカイブ
コメントありがとうございます
カテゴリー
最近のトラックバック
オススメ本
シューマッハ-F1、プライベートのすべてを語る シューマッハ-F1、プライベートのすべてを語る
ザビーネ・ケーム (2003/07/05)
PHP研究所
この商品の詳細を見る
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。