スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イタリアGP決勝

今日は、朝起きたときから、
「あれは夢じゃなかったんだ・・」と絶望感。
普通に朝が来ていることにすごい違和感を覚えつつ、
泣きそうになって鏡を見たら、これまた顔に違和感。


ぎゃわわわわッ!!!

昨日泣きはらした
目が腫上がってお岩さん状態!!!!

悲しいのにすんごい間抜けです。_| ̄|○

ほんとは仕事なんかできる状態じゃなったんだけど、
仕方なしに仕事しに行くと、
なぜか今日の現場は偶然、
F1スキーな人がいっぱいいる(しかもいろんな年代の)ところで、ミハエル話に花が咲く。めずらしい光景・・(;´Д`)

セナファンのアンチミハエルもいて、F1お休み組な人もいて、
一番若い子はライコネンファンで、
でも、ミハエルの引退については、みんなしみじみしてた。

やっぱり、あれだけ長い時間君臨していた人の引退だもの、
それぞれの胸に去来するものがあるんですね。
私は泣いてばっかでしたけど、
もっともっと複雑な、いろいろな記憶を掘り起こされる人もいるんでしょうね。

でも、1人でいるよりは、
F1見てる人と話してるほうが気が楽。
1人でご飯に出て、もぐもぐ食べてる瞬間に、
唐突に胸が詰まって、また泣き出しそうになったもん。

なんで私はおなかがすいてんだ。
ご飯食ってるんだー!!!涙ってね。
(もはや意味不明なヤツ当たり)


それにしても。

今日はさすがに、
会う人会う人、「シューマッハ引退だってね」って言われました。(;´Д`)
みんな、意外と知っててくれたのね。
っていうか、私が騒ぎすぎなのか。

さて。
近況引っ張りすぎました。

えっと、イタリアGP決勝の話を改めて。

このレースは、そもそも予選のアロンソ妨害事件からして
やな感じでしたね。
前の日記にも書いたとおり、そして、ブリが記者会見で抗議したことに激しく同意なんだけど、

「ありゃ妨害なんかじゃないでしょうが!!!」

って意見ですから。
アロンソも、さすがに涙目になって、
「F1はスポーツなんかじゃない・・」って言ったそうで。
それはそれでかわいそうで腹も立ちました。
でもさ、よく考えると、
F1なんかもともとそういう競技だから。
いやんなっちゃうほど政治だし。
アロンソ・・・それスポーツじゃないみたいよ?昔っから。
としか言いようがないですね。
(もちろん肯定してるわけではないけど)

まぁでも、あんましあからさまにやってくれるなよ>FIAってな気はするけどね。(今回はスチュワードさんたち)

そんで、すっかり水を差された形のイタリアGPでしたが。
アロンソのスタートはすばらしかった!!!
今回ばかりは、アロンソ、実力でマッサを抜け!!!と思ってた。
(ミハエルは抜いちゃダメ!だけど)

ずいぶん順位を上げたよね。すごかった。さすがアロンソだった。

でも、今回の伏兵はBMW!!!でした。

いや~クビサ!
速いのなんの。
ハイドフェルドまで抜いちゃって。
しかもマッサを完全ブロック。
1秒も遅いのに、抜かせてくれません。

いや~ほんと、クビサは、期待以上だね。
ニコにすっかりリタイヤ運がついちゃってる一方で。

兄ちゃんは、今回は危なげなくピットストップで逆転。
ミハエルらしいレース展開で、ミハエルらしい勝ち方。
が。そのせいで、映りませんよ~国際映像。泣

その一方で、アロンソの追い上げがまたすごい。
着々と速いタイムでついていき、
気がつけば、ピットストップでマッサを逆転した???!!!

すげえええ3位だよ。まじかい。

今回は、いろいろイチャモンつけられてかわいそうだったので、
俄然アロンソびいきになる、どう考えても間違った顎ヲタ。(;´Д`)
でも、実力でマッサを抜いて3位は大したもんだよ。さすがアロンソだよ。まぁ、今回はミハエルが優勝だし、
3位で許してやるか!

・・・と思ってたら。

ええええええっ!!!
アロンソのエンジンブローッ!!!


予選のタイヤバーストとといい、
聖地モンツァの呪いパワー見たり!!!!でした。
まさか壊れないルノーエンジンが、
このタイミング、この地で壊れるとは!!!
おそるべしティフォシの念。

だがしかし。
眉パワーも健在。
しっかりガソリン撒き散らしてマッサを道連れ。
こんな目に陥らせたヤツをおいてリタイヤしてたまるか!!!
という怨念を感じましたよ。(;´Д`)
だって、間にいたクビサはスローダウンして切り抜けてるし。

アロンソも念力系ですよねぇ。つくずく。

ン・・・?そういえば、
ハンガリーの因縁の予選で、アロンソのひっかけにミハエルがついうっかり乗ったときも、間走ってたのはクビサじゃなかったか?

そう考えると、クビサって、
ものすごく冷静なドライバーなのかもね?
(そのうえ、因縁の場所に居合わせる運あり)

ということで、ひとを陥れたマッサは、
人を呪わば穴二つってーことで、
けっきょくアロンソの道連れでタイヤバースト。
入賞圏外になってしまいました。(;´Д`)
あ~あ。もう、アロンソには関わるなってば。(←どんな感想)

いやでもこれで、
アロンソがゼロポイントだったのはすばらしい!!!
もちろん、3位まで上がるために、
オーバーテイクボタン押しすぎてエンジンいかれちゃったってゆうけど、(すなわち暗にグリッド降格のせいだと)
でも、5番グリッドから始めても、エンジンいかれてたかもしれないしね?そういう意味では、エンジンブローで終わってくれて、本当にホッとした(っていうのはアロンソファンには申し訳ないですけど)

それに、これで、ミハエルにチャンピオンが見えてきた!!!
それがなによりうれしいのだ。


ある意味、今回、モンツァで2ポイント差に近づけなかったら、
こんなにしみじみとミハエルの引退に涙してられなかったわけで。
そう意味では、ミハエルの設定した発表場所は、神がかり的な「当たり」だったわけですね。

だって、我々ファンは、
ミハエルに現役続行して欲しい一方で、
やっぱりミハエルには、強いままで引退して欲しい・・と心のどこかで思うところがあって。その両方を実現するには、今年が最後だったんだなぁと思う。

そういう意味では、
空気読まないことで有名なミハエル、最後の最後に一世一代の空気読んだな、と。(;´Д`)

今年、2004年のように強かったら、ミハエルは引退しなかっただろう。でも、2005年のようにダメダメの中で引退も出来なかった。だとすれば、その中間。今年のように、危なっかしげな中で、勝利をもぎ取ったならば、きっと、それは引退にふさわしい年になる。

そうね。最後の最後に、
ミハエル正しい判断したよ。
それは、ファンとしてもうれしく思う。

まぁ、だから。

この感傷は、正しい正しくないじゃなくて。

確かにここにある、「悲しい」という感情でしかないんですね。

分かっちゃいるけど、悲しんだ!!!ばっかやろーって感じ。

(;´Д`)

こんな気持ちを整理するにはまだまだかかりそうだけどね。
ひとまず、いまは、
ミハエルの残り3戦に、すべてをかけるよっ。
鈴鹿もあるしね。

ある意味、3戦分、
泣く猶予をくれたミハエルに感謝です。
ありがとうミハエル。
そして、あと3戦、死ぬ気でがんばれ!!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

レースはミハエルの勝ちパターンですね。アロのエンジンブローは、ティフォシの怨念以外の何ものでもない!(笑)  今後の展開は俄然ミハエル有利な感じです。何だか2000年のインディアナポリスのミカのエンジンブローを彷彿させましたね。あのリタイヤも大きかったし。

さて今後。上海、鈴鹿・・・と残り3戦。恐らくは鈴鹿あたりで僕は号泣モードな予感がします。いまはまだ実感沸かず、しかもあと3戦あるから緊張感もあり・・・。でもこれが最後、って思ったら、やばいですよ・・・。

今後もF1は観続けますが、ミハエルを応援してたような感情が出てくるかは疑問です。キミがポストミハエルになるんだろうけど、どうだか・・・。
残りのシーズン、気合入れて観ます!

ようやく、ようぉやくF1関連ページを見ることが出来ました。
今思えば、8割「引退」と思っていた私。発表直後、正直「やっぱりね、へぇ~」でした。
でも、そっからでしたよ、ナミは。
旦那がすかさずPCを立ち上げるも見る気にもなれず、当然寝付けず「ミハエルぅ…」と無意識に言い続け、翌日も旦那の携帯に配信されるF1ニュースも興味がなく…
でも今日、やっと「ミハエルが見たい」という思いが湧き、ここに現れました。

ぶちょーさんや、みなさんのコメントを読んでセキを切ったように涙が溢れました。シュージャンプも、アノ笑顔も、アノ顎も、アノ私服も、来年はいないんですよね。
私も今後F1は見ると思います。赤いキミも見たいし。ただしばらくは誰のファンにもなれないような気がします。
あと3戦。アロンチョもマッチャもキミも全てのドライバーも、そして当然ミハエルも全開本気な戦いを見せてほしいと思ってます。
(でも最終的に優勝ミハエルで… だよね!?ドライバーのみなさん^皿^v)

>欧介さん
そうそう、いざとなったときのミハエルの強運(悪運?)ぶり。神通力か?!とファンでも恐ろしくなるあの感じが、こないだのモンツァでは久々に炸裂しましたね。やっぱり、F1の神様は、ミハエルびいきなんだわ。(FIAのことじゃなくて)(;´Д`)あと3戦、私も、1ラップ1ラップ目に焼き付けるつもりで応援します。鈴鹿は・・・・泣いちゃって帰ってこれないかもです。

>しまたろうさん
私も、記者会見の時は呆然として涙がでなかったんですが、その事実を理解しようとしたとたんに涙がこぼれてそっからはとまらなくなりました。これからは、こんなときもこんなときもミハエルがいないんだ・・と想像するたびに、寂しくて寂しくて涙が出ます。これから先、ミハエルのように応援できる人はいないと思うけど、ミハエルの愛したF1だから、ちゃんと見て行こうとは思います。
プロフィール

ぶちょー

Author:ぶちょー
復活のいぶし銀いろ皇帝!!!!
ミハエルシューマッハは永遠のお気に入りとしつつ、
ヴェッテルもマッサもアロンソも、
とにかく熱いヤツを応援している、
まったりミーハーF1ファンです。

QRコード
QRコード
ご来訪ありがとうございます

最近の記事
月別アーカイブ
コメントありがとうございます
カテゴリー
最近のトラックバック
オススメ本
シューマッハ-F1、プライベートのすべてを語る シューマッハ-F1、プライベートのすべてを語る
ザビーネ・ケーム (2003/07/05)
PHP研究所
この商品の詳細を見る
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。