スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アロンソ、ミハエルを酷評

何を見てもたそがれる相変わらずな毎日ですが、
どこに行って誰に会っても
「このたびはシューマッハさんが・・・」とお悔やみ申し上げられる私。

いつから私はシューマッハの身内になったんだ?!(;´Д`)

ってことで。
世間は、ミハエルありがとう~なさよなら公演ムードですが。

アロンソが。
またなんだか物議醸すようなこと言っちゃってますね。

「ミハエルは、尊敬に値するドライバーではない」
「F1史上もっともスポーツマンシップに反したチャンピオン」
「ジダンの引退のほうがまだマシだ」
「ま、あれだけ記録のある人なんで倒すのはたのしいけどね」

・・・・・_| ̄|○

せっかく、せっかく、
こないだのレースを見て、
アロンソもいいよなぁ~・・
ミハエルの後継者はアロンソ?と
心ひそかに思ってたのに・・・

ごめん。
アロンソ。
私は、心が死ぬほど狭いので、

自分の好きな人を悪く言うヤツは
誰だろうが許せないんだ。


ってことで。
前言撤回!やっぱり今年の最後まで、
ミハエル、アロンソを追い詰めていじめて
完膚なきまでに叩きのめしてやって頂戴!!!

っていうか、アロンソって、
冷静ぶってるが、
カッカしてるとほんと一言余計っていうか。
言わなきゃいいのに・・なこと言っちゃうよね。

大体さ、
こないだのレースのペナルティ、
原因はマッサじゃん!!!
シューマッハ関係ないじゃん!!!
なんだよそのごっちゃにした怒りの向け方は。

あ~あ、もう、
こういうこと言われる隙ができるから、
こないだのペナはやめて欲しかったんだよな。(;´Д`)

でも、こんなことまで言われて、
明らかにミハエルの好きなタイプでないアロンソを、
ミハエルが叩きのめさないはずはないので。
何を言おうが、貶めようが、
言葉は残らない。結果だけが残る。

ミハエルはそれを知ってるから、
結果を出そうと必死になってきたし、
最後3戦にも死力を尽くすはず。
その最後の、すさまじい戦いぶりを、
私は楽しみにしてる。
目に焼き付けて、忘れないように。

思えば、アメリカGPで引退を決意してたというミハエル。
じゃあ、あのあとのフランス、ドイツの優勝は、
・・・・あの気迫は、引退決めたあとのものだったってことか。
そう考えると、自然と笑いがこみ上げてくる。

あぁ、そうだよ。
ミハエル・シューマッハって人は、
この人の闘争心っていうのは、
こういう馬鹿げた表れ方をするんだよ笑。ってね。

自分とだけ戦ってきたこの数年間。
最後も、自分のモチベーションを相手に、
激しく挑むミハエル。
それが、3戦連続優勝として表れ、
ハンガリーの死闘となって表れる。
ええもう、常人の表現方法とは180度逆ですから。

まったくらしくってらしくて、
抱きしめたいほど愛情を感じるよ。
やっぱりあなたは最高です。ミハエル。


ところで、
引退後、ミハエルは何をするんだろうって、話してて。

「そうだ!フェラーリのテストドライバーになればいいんじゃん?」
「げげーッそんなテストドライバーやだ」
「異常に完璧なセッティングをして、ほらよ!ってエースに差し出すテストドライバー」
「俺が出したタイムを何で上回れないんだ!このバカッって怒るテストドライバー」
「っていうか、テストの計測タイムあてにならなねーッ速すぎでしょ」

とかバカ話してたら。

どっかのニュースで。
フェラーリのエンジニア曰く、
「来年もミハエルにマシンをテストしてもらえないか頼んでみたんだ。」
って!!!!!!

あんたら、極東の一ミハヲタと発想レベル一緒かよ!!!
しかも本気で言うか!!!

と大爆笑してしまいました。

でも、噂に上ってる監督業よりは、
テストドライバーのほうが、ミハエルの興味には沿ってる気がするのがこわい。(;´Д`)

まぁ、監督業になっても、
キミマッサに何かあったら、
「じゃぁ、俺が乗る。何?優勝すればいいの?それとも2位でサポート?」とか言いそう。
しかも乗りたくてむずむずしてるのが分かって誰も止められない・・・みたいな。

なんかねー、この人が、
他人のレースのために、努力してる姿が想像できません。
むしろ、自分の記録を破りそうになったら邪魔しそうだ。(どんなイメージ)

大体、ポディウムで、監督のほうがえらそうに振舞いそうだし。先にジャンプしちゃったりしそうだし。

・・・・

いかん。想像してるとどんどん変な方向に。笑

あぁ、でも、これからもミハエルが、チーム関係者として、
サーキットに顔出してくれたら、

ドライバーのファンを辞めて、
チーム関係者の追っかけするかもです。(爆

ここのサイトも、
「F1管理職好きで悪いか」に変わります。
毎回、チーム関係者のゴシップ話で展開。
写真はみんなオッサンばっか!

でもそうしたら定年くらいまで引退がないのでうれしいな・・・(半分本気)

なにしろ、ドライバーが若すぎちゃって、
応援するにも萌えるにも、正直年の差が・・・


_| ̄|○

そういう話なのか>俺。

いやまぁ、
まだミハエル喪失ショックの対応策が見つからないので、
おかしなこと口走ってる毎日ですよ。すみません。
スポンサーサイト

テーマ : F1GP 2006
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

バーニーが「ミハエルの復帰あり得る。ルノーならその用意ができるだろう」的な発言してるみたいですが、どうなんでしょう?
単なる戯言か、あるいは意味深なのか・・・。
でもルノーのミハエル、って想像つかないというか、見たくないというか・・。

>欧介さん
バーニーも、話題つくりに必死なのかな?ルノーはないでしょうねえ。パットシモンズがえらいアンチミハエルらしいし。(;´Д`)でも、惜しまれて引退だってことはわかるから良かったんですよね。メルセデスからも、そんな冗談出てましたね。(俺はいまミハエルからの電話待ちだとかいうやつ)
プロフィール

ぶちょー

Author:ぶちょー
復活のいぶし銀いろ皇帝!!!!
ミハエルシューマッハは永遠のお気に入りとしつつ、
ヴェッテルもマッサもアロンソも、
とにかく熱いヤツを応援している、
まったりミーハーF1ファンです。

QRコード
QRコード
ご来訪ありがとうございます

最近の記事
月別アーカイブ
コメントありがとうございます
カテゴリー
最近のトラックバック
オススメ本
シューマッハ-F1、プライベートのすべてを語る シューマッハ-F1、プライベートのすべてを語る
ザビーネ・ケーム (2003/07/05)
PHP研究所
この商品の詳細を見る
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。