スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

F1GPニュース(9/15)

ようやく、1週間たって、息ができるようになりました。
いろいろと気持ちの整理をして、
残り3戦、力いっぱい応援して、
ミハエルを送り出すんだ!!と思えるようになりました。
本当に、本当に、
日本人で良かったよ。(;´Д`)
イタリア人でもドイツ人でもなくて良かった・・・
(イタリア人のシューミファンだったら、いまごろ暴動です。)


というわけで、残り3戦。
1戦は、ミハエルの最後の鬼門・上海なので、
ここは、友人集めてみんなで観戦することにしてます。
(一人で見てるとまた泣き出したりしそうだし)

そして、その次が鈴鹿。
これは金曜フリーから行く気満々です。
(だがしかし、すでにチケットダブルブッキングしちゃったんで、1枚売らなきゃいかん。)_| ̄|○

あぁ、忙しい忙しい。
なんやかやバタバタしていると気も紛れるというものです。

しかし、この1週間、
本当に、気を抜くとじわっと来て、大変でした。
デスクトップのミハエルの写真見るだけでじわっと・・。
でも、けっきょく日課になっているF1ニュース漁りとかはやめられず。ミハエルがいなくなっても続いていくF1界に、
ちょっぴり感傷的な気分になってます。

で、F1GPニュース。

大林さんは思ったより元気だったなぁとか。
川井ちゃんが、最後の最後で、うるっときてたよ!とか。
(視聴者FAXで、ミハエルへの詩を読んでるときに明らかにうるってた。引退記者会見でも号泣したらしい。)

ニュースの内容は、まぁ、普段どおりね。
アロンソのペナルティはおかしい!余計だった!っていう意見には激しく同意だし。

しかし、なんだか見ているほうも、ちょっとできすぎで気持ち悪いちゅーか、お芝居みたいだなぁ~と違和感があったんだけど、
アロンソのペナはもちろん。
ミハエルがマッサより軽タン予選だった件とか。
第2スティント、ピットで逆転された後のキミが、どうして、ペースを上げなかったんだろうね?とか。

う~ん、やはり、仕組まれた優勝というか、
ここは何が何でもミハエルに優勝していただかないと・・というレースだったのね・・・と思ってしまい。
そのせいの違和感か!とちょっぴり思ってしまいました。(;´Д`)

何かね。妙に、上位陣に切迫感のない、
不思議なゆるいレースでしたよね。
(もちろん3位以下はすごく白熱してておもしろかったけどさ)

さて、ここに来て、マネージャーのウィリ・ウェバーが、
「ミハエルが引退決めたのは、チーム内での影響力の低下が原因だ!」とこぼして(?)ますが。

川井ちゃんもそんなようなこと言ってましたね。

フェラーリは、ミハエルがいなくなっても、フェラーリとして続いていく。ミハエルの終わりが見えてきた以上、次のエースを確保する必要がフェラーリにはあった。それが、ミハエルの意に沿わない結論でも。

まぁ、他で聞いた話では、
ミハエルの後継者は、ミハエル自身が指名したという話で。
それが出来ただけでも良かったいうべきか。
皮肉にも、そいつとの契約で、自分が思ったより1年くらいは早く引退することになっちゃったかも知れないけどね。

でも。

確かに、思えば思うほどに、
今年がもう限界だったのかもしれない。
私も、ミハエルが若い世代に抜かれていく様など見たくない。
そんなミハエルを勝たせようと汚い手を使うチームも見たくないし、
チームメイトに負けるミハエルを見たくない。

トルコの二の舞を避けて、
マッサより軽タンでアタックしたミハエル。
そんなミハエルは・・・・やっぱり見たくないよ。

強くて、速くて、不遜なミハエル。
チームの期待を一心に浴びて、
その結果をばちっと出して、
チームの真ん中で王者として振舞うミハエル。

それ以外は、見たくないよ・・・。

だから、まぁ、今は、
長い物思いから抜け出したような気さえします。
ずっと恐れてきたこと。
ミハエルが負けるのを、年齢や衰退から負けていく姿を、
これから先は、恐れなくていいんだと。
一生、私の中のミハエルは、
強くて速い、最盛期のミハエルのままなんだ、と思うと。
ここで時計を止めてくれて、
ホッとしてるのかもしれないです。

そして、思ってたよりずっと長い間、
こんなにギリギリまでトップを走り続けてくれて、
最後の最後に、2ポイント差のチャンピオン争いなんて
すごいドラマを見せてくれて。
さすが、ミハエル。
最後の最後まで、ありがとう、と思う気持ちでいっぱいです。


さて、そんなミハエルの引退話ばっか書いてますが、
いよいよ来季に向けて、動き始めましたね。いろいろと。

まずは、クリエンが早くも解雇です。
レッドブルからのチャンプカー参戦の話を蹴ったため交渉決裂、
早速解雇。今年は、シーズン途中のレギュラードライバー解雇が多いです。これも時代なのかなぁ・・・(クリエンはまだ若いけどさ)

で、注目されてるのは、
21歳組の皆さん。
不幸の子・ニコはもちろん、3回目にして3位入賞のクビサ、
GP2の今年の王者・ハミルトン、そして、ルノーのサードにいよいよ登場ピケjr!

これは川井ちゃんが言ってたんだけど、
来期レギュラーのコヴァライネンは、安定して走れるけど、予選一発がない。むしろ、ルノーの隠し玉はピケjrだろうと。ふむふむ。
そりゃー楽しみですね!ピケの子ピケ!!!!(なんじゃそりゃ)

ハミルトンに関して言うと、
マクラーレンが、F1経験のない新人をいきなり来期使うとは考えがたく、とりあえず、次のシルバーストンテストで使ってみて考えるっていう慎重路線のようですね。でも、デラロサとアロンソって、スペイン人ダブルになってしまうので、それも長く続くとは考えづらいという噂です。ハミ本人も、テストドライバーでひとまずはって感じみたいだし。

話題の19歳ヴェッテルは、来期はGP2参戦ですってね。
ここでチャンピオンとって、再来年は、クビサ&ヴェッテルになるんでしょうか?!がんばれやばいぞニック!!!(;´Д`)

まぁ、もういっそ、
一気に若返りで。

中堅層もすこし片付いて、
一新した世代でF1見るのもいいかもね。
もはや、旧世代で応援する人もほとんどいなくなっちゃったしさ。

ちなみに、川井ちゃんのいなくなってもいいと思う中堅は、こんな感じでした。
・ホンダの、ヒゲ面じゃなくて背が低い方
・フィジケラ
・弟
(これはファンの人にとっては耐えられないと思うので、話半分で。
 さすがに、この人たちいなくなると、私もさびしいと思いますよ。)


それにしても、「年寄りは若者に席を譲れ」発言をしたアルバース。
オランダ企業のバックアップで安泰なお前が言うのもいかがなものか。
まずまっさきに、自分から若いやつに席を譲ってみてはいかがかな?

こないだ、スーアグに負けた最初のドライバーになったくせに・・・
スポンサーサイト

テーマ : F1GP 2006
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

今のところ引退はミハエルの話だと思っていた自分・・・。
・・・
ニックもやばいじゃん∑(; ̄□ ̄A アセアセ
まずいよ②皆さんにはあまり影響なくても自分には大打撃ですよorz
ニックも見かけによらず年ですからねぇ・・・。
ニック!!変な顔のヤツとおばさん顔のヤツなんかに負けるな!!(ファンの皆さんすみませんorz)あと3年は走ってくれ!!
・・・頼みます(。・人・`。))

ハミルトンに来た「2007年のテストドライバー」と「2007年はテストで、2008年のシートを確約」っていうマクラーレン以外のチームからのオファーって、前者はフェラーリ、後者はウィリアムズですよね・・・ほぼ間違いなく。

>にっくさん
そうですね~地味に表彰台乗ったり、がんばってるんですが、ニック・・・なぜか目立たない男。クビサはともかくヴェッテルにシート明け渡すにはまだ早い。がんばって欲しいですね。せっかくBM速くなってきたんだし!

>日光さん
ハミルトン大人気ですよね。そっか、どこのチームだろって思ってたけど、フェラーリね!後者は、ルノーってことはないんでしょうか?なんかでハミルトンにルノーも興味ありって読んだ気がしましたが・・。でもピケjrもいるしな~レギュラーを用意できるとなると違うか。まぁ、とりあえず、アロンソと組んでマクラーレンというのは、いい経験になりそうですよね。
プロフィール

ぶちょー

Author:ぶちょー
復活のいぶし銀いろ皇帝!!!!
ミハエルシューマッハは永遠のお気に入りとしつつ、
ヴェッテルもマッサもアロンソも、
とにかく熱いヤツを応援している、
まったりミーハーF1ファンです。

QRコード
QRコード
ご来訪ありがとうございます

最近の記事
月別アーカイブ
コメントありがとうございます
カテゴリー
最近のトラックバック
オススメ本
シューマッハ-F1、プライベートのすべてを語る シューマッハ-F1、プライベートのすべてを語る
ザビーネ・ケーム (2003/07/05)
PHP研究所
この商品の詳細を見る
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。