スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イベントいろいろ

いよいよもり上がってきましたよ!!!!
鈴鹿まであと2日!!!

各チームのサポートイベント、壮行会、プロモーションのニュースが
次々入ってきてもー!!!
そわそわして仕事にならないよッ!(;´Д`)

なんといっても、レッドブルの渋谷イベント!
リウッチとドーンボスが人力車を引いてマル9前を走ったとか!
(見たかったよ!!!)

ウィリアムズのイベントで
ニコがレースゲームで予備校生に負けて3位!とか。(笑

ホンダは、スーアグといっしょに、トヨタはラルフを迎えて壮行会。
今日行われたブリヂのプレスミーティングには、
スーアグの3人に加え、
ミハエル&マッサ&ジャントッドが出席!!!

ミハエルに、ブリヂストン社長から記念のプレート贈呈してました。

もう、昨日から、
この東京のどこかにドライバーたちがいるんだわって思ったら、
胸がドキドキしていても立ってもいられない!!!みたいなことになってます。

いまもどこかの寿司屋でミハエルが寿司食べてんのかな?!とか。
(いやもう鈴鹿に向かったかもしれないけど)

ところで、そんな中、
アロンソとルノーが不協和音ですね。
そもそもアロンソが、
「チームは僕にサポートする気がないらしい。
来年エースナンバーを持っていかれちゃうから」と発言。
こないだのピット作業のミスや、レース後のチームクルーの冷淡な対応を上げてますが。


アロンソってば・・・・

だから、なんでそういうこと言うの。_| ̄|○

なんだか、コメント読んでて悲しくなってきちゃったよ。

私は、ミハエルファンなので、
ミハエルの発言を読み慣れすぎてて、
つまりは、チームに対する愛情とか、信頼とか、そういう言葉を読み慣れてるから。
チーム批判とか読むと、ありえない・・・って思っちゃうんだよね。

それは人それぞれのスタイルだし、文句言うべきことではないと思うけど。でも。

「ルノーに愛はなくなった」とか言っちゃうのってどうかと思う。少なくともシーズンまだ終わってないんだから。
あなたのために、一生懸命夜も寝ないで作業してるスタッフに向かって。そんなこと言わないで欲しい。

ちなみに、ルノーサイドは、この発言に対して、
「理解できない」と大変憤慨している模様です。


なんだか無駄な争いだと思うんだけどなぁ。アロンソ。
ミハエルおじさんに追い掛け回されて不愉快なのは分かるけどね。

でも、同情はしないよ。

ミハエル、アロンソをチームの力で、
フェラーリ愛の力でねじ伏せちゃってください。
そしたらアロンソにも何か分かるかもだから。
スポンサーサイト

テーマ : F1GP 2006
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

あのマユゲ、次はフィジコ批判もしちゃってますね。
あの姿はどーにも好きにはなれんです。
なんだかんだ助けてもらってるくせにー

やっぱりオジサンにガツンとやっつけてもらわないと。。
でもアロは負けたとしても「あの時はチームがねぇ」
ってずっと言ってそう・・・

これは批判って言うより、アロンソが冗談めかして洩らした一言を、各紙が過大解釈して面白おかしく書きたてた結果だと思いますよ。
要は週刊誌によくある手口ってか手法ってか。

まあ歴代のチャンピオンドライバーなんてものは気難しい方が多く、チーム批判もしばしば見受けられるのも事実ですけどね。
そう考えると一切身内に対して批判めいたことをしなかったミハエルは特殊な存在なのでしょう。

>グリさん
そういえば、フィジコ批判に見せかけてフェラーリをあてこすった発言してますよね。でもけっきょくこないだフィジコに譲ってもらったくせに~。フィジコがかわいそーだ!!!だから中国GPのあとのミハエル祝勝会にフィジコが混ざってたりしちゃうんだろうか!アロンソ複雑ですね・・。

>日光さん
冗談にしても、あんましたちのいいもんではないですよね。(;´Д`)
でも、確かに、ミハエルが特別、「チーム愛」の人なんだってことは分かってます。あれに慣れてるから違和感を覚えちゃうんですよね。ミハエルがちょっと特殊なんですよね・・。(でもそんなとこも好きなもんで)
プロフィール

ぶちょー

Author:ぶちょー
復活のいぶし銀いろ皇帝!!!!
ミハエルシューマッハは永遠のお気に入りとしつつ、
ヴェッテルもマッサもアロンソも、
とにかく熱いヤツを応援している、
まったりミーハーF1ファンです。

QRコード
QRコード
ご来訪ありがとうございます

最近の記事
月別アーカイブ
コメントありがとうございます
カテゴリー
最近のトラックバック
オススメ本
シューマッハ-F1、プライベートのすべてを語る シューマッハ-F1、プライベートのすべてを語る
ザビーネ・ケーム (2003/07/05)
PHP研究所
この商品の詳細を見る
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。