スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブラジルGP決勝

最高だった。
ミハエルは、最高だった。

本当に。
泣きながら、叫びながら、
でも笑いながら見てた。

笑い泣き、に近い。

だって、ミハエルは、
タイヤバーストしても、
最後尾からの追い上げでも、
ファステスト連発で、
後方のクセにマゼンダ連発して。

そのたびに、私を
泣かせてくれた。

やっぱり、そこにいるのはミハエルで。
ミハエルでしかなくて。

なんてこと。
どんな逆境でも、
最後尾からでも、追い上げて、
走れる限り、速く走る。

その姿が。

私をただただ泣かせるのだ。

何度も苦境に立ったけど、
何度も戻ってきた。
今日の主役は、間違いなく、ミハエル・シューマッハだ。

国際映像のせいで、
ほとんど映らなかったけど。

私は、ミハエルの、LTしか見てなった。
最後、ミハエルのレースが終わるその瞬間も、
セクター1のマゼンダ、
最速はミハエルだった。
その画面が、変わらずに残っていた。

ミハエルは、最後の最後まで、
サーキットで最速の男だった。

私は、笑った。
笑いながら見ていた。
笑いながら、声を上げて泣いてたよ。

ミハエル。
本当に、
あなたが、最高のドライバーだ。

私にとって、
本当に、
最速で最高のドライバーだ。


ありがとう。ミハエル本当にありがとう。

最後のレースも、
最高のレースにしてくれて。

あなたらしい、ミハエル・シューマッハの、
オンステージのレースだったよ。
あと何周か、惜しくなるくらい、
それくらい、あなたしか見てなかった。

あなたは、今日の誰よりも、主役だった。

だから、悲しくなんかないんだ。
ミハエルは最高で、最速のドライバーなんだから。
悲しくなんかないよ。

ミハエルにかなう人なんか誰もいないんだから。
誰も、私をここまで熱くしてくれない。
こんなに泣かせてくれる人はいないんだから。

ミハエル…ありがとう。
本当にありがとう。
最後まで、
あなたらしくあってくれてありがとう。

今日はまだ涙が止まりませんが。

これが悲しみだけの涙じゃなくて。
本当に良かった。

ミハエル・シューマッハ。
あなたは本当に、
史上最高のドライバーだと思います。

本当に、ありがとう。
スポンサーサイト

テーマ : F1GP 2006
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

あの存在感、あの執念、、、素晴らしいレースでしたね。
ありがとうの言葉しか出て来ません。

ほんとに、ミハエルらしい最後のレースだったと思います。
この人が活躍する時期にF1を見ていた幸運さに感謝します。
最後まで沢山の感動を貰いました。
ありがとう!ミハエル!

本当に最高のレースでしたね。

初めてミハエルを見た時、ものすごい鳥肌が立ったのを覚えています。
最後のレースの今日、その時と同じ鳥肌が立ってばかりでした。
最後の最後のその瞬間まで、本当にミハエルらしかった。
何度厳しい状況になっても決して諦めず、
誰よりも速く、誰よりも強く駆け抜け、最後までファステスト連発。

まさにミハエルのレース人生そのものと言えるような今回の走り。
とても生き生きして見えました。
この人ホントに辞める人?僕も泣きながら笑いました。

僕は今回のレースを決して忘れることは無いでしょう。
ありがとうミハエル。同じ時代を生きて本当に良かった。

長々とすいません。。

未だ言葉になりません。そして仕事になりません(;´Д`)
兄貴にとっての理想のレースは2000年かもしれないけど、ヲタにとってのベストレースはこの2006インテルラゴスでしょう。すべての周回に兄貴のすべてが凝縮されていました。
LTの画面ダンプは永久保存の宝物です・・・

本当に・・・最後の最後でミハエルらしいレースを見せてくれました。
序盤を見れていないので仕事終わったら改めてゆっくり見ますが、
「絶対に諦めない」「人一倍負けん気の強い」ミハエルのままで
この世界を去っていくことができてよかったと思いますよ。

本当にこれほど毎回あらゆるパターンでハラハラさせてくれる人は
他にいないと思いますよ・・・ホントにミハヲタはジェットコースターに
乗りっぱなしって感じでした(^^;

ミハエルのレース人生をずっと見つづけてこられて幸せでした。

結局、インテルラゴスで、ミハエルをコース上で攻略できたドライバーは誰もいなかった。
与えられた結果は5ポイントという数字のみ。

それでも、ミハエルは「最強、最速」のまま、伝説となった・・・。

日本GP以後、アロンソのリタイヤを願って念力をかけていた自分が恥ずかしい・・・。
ミハエルは素晴らしいレースを見せてくれました。
いろんな気持ちが一気に押し寄せてきて言葉にするのも難しい始末で・・・。
すみません。

ありがとうミハエル・シューマッハ!!!









>夕さん
ほんとに、最後にあんなレース見ちゃったら、出てきた言葉は、「行かないで」でも、「悲しい」でもなく、ただただ、「ありがとう!!!」でした。
こんなにポジティブな気持ちで引退を見送らせてくれて、本当にありがとうって感じです。ミハエルからもらったたくさんのもの、もう一回しっかり思い出しました。ほんとに、ありがとうを何度言っても足りません。

>グリさん
そう、泣きながら見るだろうとは思ってましたが、笑いながら泣くとは予想外!!ほんとにもう、兄ちゃんらしい。最後まで、「もう、信じられんこの人はーッ!!」と笑い泣きして叫んでました。ブリアトーレの言葉を借りれば、まさに、「飛んでいた」。ほんとに、素晴らしい、ミハエルらしい最後のレースでしたね。ミハエル最高!

>MUEさん
最後に、最初の基本に戻ったというか。負けん気の強いミハエルが見れて、本当に良かった。MUEさんは、彼のキャリアの最初からごらんになってるので、感慨ひとしおでしょうね。これから本当にさびしくなっちゃうけど、ミハエルの最後を見れたってことを自慢に生きていけることがうれしいです。これからも、ミハヲタ同士仲良くさせてくださいね。

>花袋さん
最後に、コース上のほとんどの人を抜き去り、誰も追いつかない速さで駆け抜けたなんて、本当に、伝説に残るレースでしたね。かっこよすぎだよ、ミハエル。。゚(゚´Д`゚)゚。結果なんかどうでもいい。あの時、その走りを目撃できたことが、私の大事な財産です。

>猫蔵さん
LTってどうやったら落とせるんですか?!よくわからないからカメラで写真に撮っちゃった。(爆
いや、ほんとに、あのマゼンダ連発には、鳥肌が立ちました。すごい、すごい出来すぎたくらいのレース。神の采配を思わずにはいられないレースでした。ミハエルには不本意だったかもしれないけど、世界中が、ミハエルのすごさを思い知ったレースでした。

>San Marino さん
最後は、マッサもアロンソもどうでもよくなって、ただただミハエルの走りを叫びながら見ていました。今回の主役は、間違いなくミハエルでしたね。
結果よりも時として大事なものがあることを、結果をもっとも多く残したミハエルが教えてくれました。本当に、いまはただありがとう、としか言えません。

ゲキ遅ですが…
あらためて。

『大泣き』宣言をしたものの、ちょっぴりしか泣けなかった私。
マッサが(案の定)優勝してしまったから。
アロンソが(案の定)タイトル決めたから。

ミハエルがミハエルだったから。

脇坂さんが(地上波組です;)
「今日のすべての不運がミハエルに降りかかった」
に、その通りだと感じました。

でも、やっぱり、あの結果を、あのレースを見せてくれたミハエル。
予選のエンジントラブル、決勝のバースト、続くトラブル…
旦那が言ってました。
「最後尾になって、1台ずつパスして、挨拶代わりなんじゃん!?」
ちょっと納得。
最初は『神様はそんなにミハエルが勝ったらイヤなのかしら?』って
思ってましたけど、そうか!と。
「THANKS MICHAEL」の後ろをしばらく走っている姿。
バリチェロに軽く手を上げてパスしていく姿。
来季フェラーリを任せたライコネンとの真剣バトルでパスしていく姿。

一緒に走っているドライバー1人1人にメッセージを残していってるんだと。

あの険しい顔は「マッサの、アロンソのバトンのミラーに自分を写せなかったから」
そう解釈したいです。

マッサがチェッカー直前、ミラーを何度も確認したのは、誰でもなく、ミハエルを探したんじゃないかと思ってます。
バリチェロのチームラジオ
「後ろはミハエルだ。ちゃんとレースしろよ」
バリチェロのとったレースとは……

ミハエルがミハエルのレースをしたから、諦めないレースを見せたから、それを受けた周りの人が、それぞれの形で受けて答えたんだと。

それだけ、あの人がいなくなることは、私たちはもちろん
あのサーキットにいた全ての人にとって大きな大きな出来事だったんだと、すべてがミハエルに柔らかに包み込まれてるような最後でした。

だから泣けなかったんだと。
さみしいけど、穏やかな気持ちで、終わったレースだったんだと思いました。

どうしてもミハエルを判っている人に伝えたくて、長文になってしまいました。失礼いたしました。

>しまたろうさん
最後尾になって全員に挨拶してった・・というのは激しく同意!!!です。
本当に、まるでみんなとお別れするためのようなレース。だから、アロンソも含めたすべてのドライバーが、ミハエルを賞賛とともにサーキットから送り出せたんだな、と。そういう意味で、素晴らしいラストランでした。私も、思ってたような最後の日ではなくて、なんというかすがすがしい気持ちでしたよ。
でも、まぁ、後日じわじわと泣きが入ってるわけですが。(;´Д`)
やっぱミハエルのいないF1なんて・・・・くすん。
プロフィール

ぶちょー

Author:ぶちょー
復活のいぶし銀いろ皇帝!!!!
ミハエルシューマッハは永遠のお気に入りとしつつ、
ヴェッテルもマッサもアロンソも、
とにかく熱いヤツを応援している、
まったりミーハーF1ファンです。

QRコード
QRコード
ご来訪ありがとうございます

最近の記事
月別アーカイブ
コメントありがとうございます
カテゴリー
最近のトラックバック
オススメ本
シューマッハ-F1、プライベートのすべてを語る シューマッハ-F1、プライベートのすべてを語る
ザビーネ・ケーム (2003/07/05)
PHP研究所
この商品の詳細を見る
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。