スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HONDAとTOYOTAの2006年

いろいろと雑誌読みながら、
F1恋しやほ~やれほ~♪と生きておりますが。

さっきまで、Fgraphicsとゆービジュアルの美しい雑誌を読んでまして。
(琢磨自選のフォト集とか。えーと、琢磨ってあんまし自分がカッコイく写ってる写真選ばないんだね・・)(;´Д`)

その中の中本修平さんの「俺は悪代官だ!」っていう記事が面白かった。

シーズン最初でいきなりつまずいたホンダ。
何をやってもうまく行かずに迷走した中盤。
そんで、中本さんに全権委任してからのホンダは、すごい勢いで活気づいて開発スピードが上がってく。で、シーズン終了時には3位表彰台のランキング4位。
シーズン最初も、ルノー、フェラーリに続いた3位くらいのポジションだったことを考えると、進歩ないようにも見えるけど、シーズン明けての3位は、「え?もっと速いはずじゃないの?」っていうガッカリな3位だった。これじゃ今年も勝てそうにないって出鼻くじかれたみたいな。

あそこからガッカリ→転落の一途をたどったわけですが、
どん底では2台リタイヤとかQ2落ちとかあったわけで、そこからもう一度、ルノーやフェラーリの速さに追いつけたってのは、(あの2チームが最後までチャンピオンシップを争って全力尽くしたてたこと考えても、)けっこうがんばったって感じですよね。

その裏には、中本さんの、
「何でもやらせてやるから、その代わり勝て」っていう、自由に開発できる土壌作りが大変機能してたわけで。それが中本さん曰くの悪代官方式。アイディアがあったら少しも残さず吸い上げる。搾り取る方式。(笑)その男気あるTDっぷりは、往年のホンダスピリットを彷彿させます。

いや、何が言いたいかって、

やっぱ、ホンダのレースはカッコイイ!!!!

ってことかな。(;´Д`)

それに対し、今年のトヨタ。
実は、参戦以来、ちょっとずつ右肩上がりに来ていただけに、ある意味最悪のシーズンと言ってもいいかもしれないですね。
シーズンオフには、真っ先に新車発表して、最新の風洞フル稼働して、むちゃくちゃ距離走って。行けるのか?と期待したけども。

・・・・なんていうか、シーズン通して、
パッとしない。
いつも中段。たま~に予選上位に来ても、レースでペースが上がらない。

可もなく不可もない。そんな感じでしたよね。
最終戦もひっそり2台リタイヤしてるし。

ホンダもトヨタも、シーズン途中で要職にある人を更迭してるんだけど、ホンダは、中本さんという人を中心に据えるための積極的な人事だったのに対し、トヨタは、「とにかく癌を切ろう」みたいな、消極的人事だった気がしますね。

う~ん。明暗分かれた2006年。

しかし、だ。

結果がこうだっからってわけじゃないけど、
やっぱり今年も、ちょっとだけトヨタよりはホンダを応援してた私がいますよ。(;´Д`)

なんだろな。チームのやり方、レース運び見ても、やっぱり、レースはホンダだな。琢磨がいなくても、バトンを応援したくなるくらいには、ホンダが好きだってことだね。

そしてここにきて、鈴鹿を取り上げ、富士に移した、厚顔無恥っぷりも加味されて、&あからさまに、人気目当ての日本人若手ドライバーのテスト起用も加味されて、

や~っぱ、トヨタってどうなの?
ってカンジ!

いや、でもね、鈴鹿で目の前をトヨタが走り抜けたときは、不思議な感動を覚えたんだけどね。やはり日本人の血が騒ぐというか。

いやなかなか割り切れないものですけどね。

でも来季、優勝して欲しいのは、やっぱりホンダ!
そんで、その速いマシンに、もう一回琢磨乗せて2008年!希望(←これが最終的な野望)。
そのためには、スーパーアグリで、琢磨にがんがん入賞して欲しいです。

そうそう、琢磨のインタビューもアグリさんのインタビューも、
「欲しいものは、速いクルマ!」って答えてて笑いますね。

そうだなぁ~。
でも最終戦で10位だったんだよなーすごいよな~琢磨。

来季はもっともっとスポンサーついて、
お金もらえて、入賞圏内に入って欲しい・・・・
でもBMWとかレッドブルとか今年より速くなりそうだし、無理かなぁ。
スポンサーサイト

テーマ : F1GP 2006
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

ホンダってやっぱ「生粋の走り屋集団!」って感じしますよね。
それに比べてトヨタってどうもエリート然としすぎてるっていうか、泥臭さが足りないっていうか。

マシンの設計コンセプトも「当り障り無く」って感じで、良くも悪くもクセがない。
それが大金をつぎ込んでもイマイチ勝てない理由なのかなーと思います。

>日光さん
そうそう、トヨタはレースマシンも、作り方が市販車っぽいですねー。笑
当たり障りないって、まさに大衆車トヨタのコンセプト!やっぱ、金の無駄だから参戦するのやめればいいのに。どうせ車売りたいだけなんだし。。
プロフィール

ぶちょー

Author:ぶちょー
復活のいぶし銀いろ皇帝!!!!
ミハエルシューマッハは永遠のお気に入りとしつつ、
ヴェッテルもマッサもアロンソも、
とにかく熱いヤツを応援している、
まったりミーハーF1ファンです。

QRコード
QRコード
ご来訪ありがとうございます

最近の記事
月別アーカイブ
コメントありがとうございます
カテゴリー
最近のトラックバック
オススメ本
シューマッハ-F1、プライベートのすべてを語る シューマッハ-F1、プライベートのすべてを語る
ザビーネ・ケーム (2003/07/05)
PHP研究所
この商品の詳細を見る
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。