スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

開幕まで2週間!

トヨタとレッドブルが居残りテストする中、
いよいよ開幕前テストも終わっちゃって(早いなー)
あと2週間で開幕戦!
うぎゃーッ!これってもうシーズン中と変わらないブランクですねっ。
ひいいい。また1週2週のブランクで予定が変わる季節の始まりだ!

といいつつ、現状見てると
意外や意外な展開に、
「・・・・」な顎ヲタです。

というのも・・・

マッサが・・・なんかヘンだ!

インタビューの受け答えもなんか異常に落ち着いちゃってるし、
やることなすこと、隙がない!
まぁもともと無邪気でいいヤツ感はありましたが、
(だからこその空気嫁でしたけど)(;´Д`)
そこに自信も加わった?!

「現在はフェラーリが一番速いとおもうけど、
速ければ取れるほどチャンピオンシップは甘くないよ。
一年通じて安定した強さが必要だ。
だからタイトル狙うなんて大それたことは言わない。
もちろん取れたらうれしいけどね!」

だってさ。

なんか・・・・ひじょーにナチュラル。
気負いもないし、いい感じにリラックスしてるみたいだね。

トーチュウでは、ミハエルが帝王学を授けた!とまで言って
マッサ擁護方向にシフトしてますが。

こりゃ意外や意外・・・
マッサ来るかも。

そうなると、
ミハエルを引退させてまでキミを取ることなかったじゃん、とか。
ミハエルは実はマッサと戦うのが嫌だったのか?とか、
いろいろフクザツな気分になっちゃいます。(´・ェ・`)

いやそんなことより、問題はキミだな。

キミといえば、
マシンに厳しいドライビングで有名なので。
さしものフェラーリも危ないんじゃないか。
しかも、元ミハエルのレースチームをそのまま受け継いじゃったのもあって、すでにミハエルとの差にチームクルーが戸惑っているとの報もありました。

ミハエルはマシンについてがみがみくどくど言い立てたけど、
キミはスタッフ任せだそうで。
ミハエルに慣れたスタッフではかえってその差が際立ってしまうのでは。

うーむ。

去年はたびたびマッサがミハエルを上回ったりなんかして、
「マッサ空気読めボケェ!!!」とか暴れたもんですが、
今年はキミファンに総攻撃されんだろーなぁー。マッサ。
結局今年も空気嫁か。
さすがミハエルの「愛弟子(byトーチュウ)」(;´Д`)
空気嫁の弟分はやっぱり空気嫁でしたとさ。
(マッサ空気嫁スレが立ちそうな悪寒)

それか、マジでミハエルの生霊が乗り移ってたら笑えるな。
もしもマッサが
舌出して写真に写ったり、
膝カックンしたり、
捨て犬拾って家に連れ帰ったりしたら、
・・・それ、どんなミハエル・シューマッハ?ですから。

生霊のひとつやふたつ、
顎兄様ならやる・・・・あのお人なら・・・(新興宗教)

ちなみに、前持って自分への非難を減らそうとする
用心深いというか姑息なアロンソ君は、
さっそく、「今年はフェラーリが一番速い!」と言ってます。
そんで、マッサについても、
「キミがフェラーリに行ったらエース待遇だと思ってたけど、
マッサも速いね」とあっさり認めてます。

この辺、ヒルをとことん認めなかったというミハエルとは大違いな
オトナ対応ですね。つうか、ミハエルがかたくななんだ。(;´Д`)

いやーどうなるんでしょうねえ。2007年シーズン。

そういや、ホンダ、
やっぱり環境保護団体から無駄に反発食らってますがな。
あー・・もーねー。
そうなるだろうと思ったよ。
所詮企業イメージアップのためでしょ。
いくらチャリティって言ったってさ。
そういう「マーケティングコンセプト」でございっていう見え面が
そもそも不快感につながるんじゃないのか。

ホンダからのチャリティの申し出を断るって言う団体もあるらしいよ。
それ意味ないじゃんね。

斬新はいいけどさ。
そんなことで斬新してないで、
マシンを速くする事が先決じゃない?
(おそらくは世界中のホンダファンがいま思ってることだな)

そういや、今日雑誌読んでてへえええと思ったのは、
今年のマシンのうち、
BMWは風洞ではなく、世界で3番目規模の
スーパーコンピューターを使ってマシンを設計した!というもの。
ひょえええええすごいハイテクだ。
ちなみに、ホンダは、100%スケール風洞でのシュミレーションで自信を得てマシンを出してきたっていうけど。
(その結果は・・・・シュミレーション通りではなかった!なんだけど)
ちなみに、同じようにスーパーアグリも
風洞実験だけでマシンを煮詰めてるということは、
実戦でどうなるか・・・不安なんですけど・・・。_| ̄|○

いやでも各マシンの
うにゃうにゃしたサイドポンツーンだの
ウィングレットだの
チムニーダクトだのながめてると、
エヴァンゲリオン?!といいたくなるくらい
ひじょーに有機的なマシンに見える。

マクラーレンはサイドポンツーンとかボディがうにゃとしてておもしろいけど、ルノーはウィングとかミラーとかいろんなパーツが連動して空力を作ってるのが羽が生えてるみたいでおもしろい。

ホンダはノーズがマクラーレンのように細くなってる!
ルノーはその代わりひらぺったいノーズ。

フェラーリはホイールベースが長くなったよとかゼロキールになったよってのは分かったんだけど、見た目どう違うのかよく分からない・・。
でもバージボードがギザギザなので見分けつけられる。(おい)(;´Д`)

いやいや、いろんな規制で各チーム厳しい中、
やっぱりいろんな工夫をしてきておもしろいですねー。
F1はやっぱり技術力の競争でもあるんだから。
コンマ1秒に真剣になってるオジサンたちにはドラマを感じます。
今年はタイヤワンメイクだから
余計チームの技術力競争が分かりやすくて良いよね。

とかなんとか、だらだら書いてるうちに!
おっといけねえ明日から出張なのだ!

つうかあと3時間後には荷物パッキングして出なくては!(((;-д- )=3

た、たいへん!開幕直前スペシャルの録画とかっ!
いろいろしなくちゃ~

ひええええん。
スポンサーサイト

テーマ : F1GP 2007
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぶちょー

Author:ぶちょー
復活のいぶし銀いろ皇帝!!!!
ミハエルシューマッハは永遠のお気に入りとしつつ、
ヴェッテルもマッサもアロンソも、
とにかく熱いヤツを応援している、
まったりミーハーF1ファンです。

QRコード
QRコード
ご来訪ありがとうございます

最近の記事
月別アーカイブ
コメントありがとうございます
カテゴリー
最近のトラックバック
オススメ本
シューマッハ-F1、プライベートのすべてを語る シューマッハ-F1、プライベートのすべてを語る
ザビーネ・ケーム (2003/07/05)
PHP研究所
この商品の詳細を見る
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。