スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いまさらですがモナコGP決勝

ええと、今さらなんで、
もう一回レースを静かに見てから書こうとぐずぐずしてたら
諸事情により断念。_| ̄|○

仕方ないので
おぼろげな記憶を頼りに書きます。

つうか、すべては、この前の日記の、
「地上波なんかさっけ!」っていう記述に始まる気がする。

じつは、モナコの直前、突然HDDがぶっ飛びまして。
CSつないでたので見れなくなっちゃって。
ぎゃーーーーーッ!!!!こんなに楽しみにしてたモナコが!!!
地上波までお預け?!しかも録画できないの?!!!!

で、大あわて。
友達に連絡して録画お願いしたりだとか、
おうちにCS入ってるとこに電話したり、
友達をスポーツバーに誘ってみたり。

けっきょく、時間通りに見れたんですが、
すっかり力使い果たしてまして。
そこに足して、酒飲んじゃったもんだから。

実は、モナコの、アロンソVSハミルトンのタイムアタック合戦って、
ちゃんと見てない(爆)

もちろん、ハミオがどんどんアロンソに引き離されたファーストスティントから、「はーこりゃ思ったより重タンだね」と思ってたのに、
スーパーラップで追い上げてる最中、いきなり思ったより早いピットストップで、「ふがっ?」これじゃアロンソは抜けぬ・・・と思っていて、
案の定抜けず、・・・・
あーもうこりゃマクラーレン的にはアロンソ勝たす気だな、と思ったので、


そっからはぐだぐだ。
もちろん、2回目のピットのあと、
ハミオがコンマ8秒とかまで迫ったときはもり上がったけど。
でも、当然抜けるわけないわな。モナコだし。

で、なーんか、
レースとしては波乱ない展開だって言うんで、
最後は酒飲んでほげほげしておりましたです。

なんかねーーーーー。
アロンソがもり上がってるのもどーも白々しく思っちゃって。
ハミオ君はうれしそうじゃないし。

大体、マッサはともかく、
キミのオーバーテイクショーは、全然見れませんでした。
やっぱ、今年のマシン差、タイヤでは、
オーバーテイクはそうとう難しいのね。(´・ェ・`)
だんだんF1がつまらなくなってゆく・・・

せめてものアロンソVSハミオだったけど、
そりゃ、アロンソ優先だわな、って改めて分かってしまって。
それも萎え。

これからも、ずっと、ハミオは、
予選では重タンで2位で。
レースでも、戦略の優先権はアロンソで、
徐々に徐々にポイントも引き離されていくのだろうな。

アロンソはミスはしない。
チームが優先している以上、
ハミオに勝ち目なんかない。

そう、ぜったいに、ないんだ。

ハミオは、モナコでそれに気づいちゃって、
それで思わず、「僕はナンバー2だから」って言っちゃったんでしょうね。

まぁそれが、今日までにつづく、
「チームオーダー疑惑」に発展しちゃうわけですが。(;´Д`)
いやまぁ、私はありゃあ、正確にはチームオーダーではないと思いますよ。
チームとして、余計なバトルを避けるのは当然。チームメイトにぶっつけるのが一番馬鹿。そういう世界だものF1は。マシントラブルのふりしてしらっと順序をゆずったりね(@跳ね馬の得意技)。

でも、なんで今回に限って議論になっちゃったかって言うと、

ハミオが不利にされちゃったから!!!!

チーム戦略とはいえ、いくらなんでも、そんなに不利になるように仕向けなくてもって感じだ。
本当は1ストップだったのを2ストップ、しかも燃料残してストップさせたりだとか、第2スティント早めに切らなかったとか、追いかけてたら、「まあ気楽に」って言われたりとか。

あからさまなチームオーダーでないところが余計嫌な感じ。

「何も言ってないが、アロンソが勝つようにすべてを仕向けた」
そういう風に見えてもしょうがない。
あれだけハミオが本気だったのに、
その本気に、チームは本気で応えなかった。
むしろ、本気でジャマしに行った。
それがハミオにはショックだったんだろうなぁと思う。

いっそ、おまいはセカンド。文句ある?ってな態度の跳ね馬のほうが
最初からあきらめもつくよなあ。

だってさー、
けっきょくハミオは、
跳ね馬より速いGPでは、アロンソが優先させられるからアロンソ。
跳ね馬が速いときは、2位がやっと。
それではずーっと2位しかとれない計算になっちゃうよ。
(予選で、マクラーレンが、二人のドライバーの戦略を変えつづける以上)

なんかなぁ~なにがジョイントナンバー1だよって感じ。

それがホントにホントなら、
毎回戦略の優先権を、フリー走行の出来で決めればいいのに。

まぁ、チームとしてみりゃ、
できるだけ危なげなくポイント稼げるアロンソに、
とりあえずチャンピオン獲ってもらって、
ついでにコンストラクターズも・・って心積もりなんだろうけどな。

いつまで英国と、世界のハミオファンが黙ってるかだ。

今回のことも、こんなに大騒ぎになるとは思わなかったので、びっくり。それだけ、みんな、アロンソとハミオのバトルが見たかったんだよね。その失望感と苛立ちから、チームオーダーだって怒りがわいたんじゃないかと。チームにしてみりゃ、今回は当然の采配をしたまでなんですが。ロンもびっくりしてるだろうよ。

でもさ。

その世論の方向が、これからの期待を示してるっちゅうか。
遅かれ早かれ、アロンソとハミオのガチバトルは、
見せなきゃ、観客が納得しねえ!!!!ってな流れですよね、これは。
それはなんだかウンウンそーだそーだ!って感じ。

私も、すっかりハミオ派閥です。
彼には、本当のところ、アロンソより速いかどうか、
本気で戦ってみて欲しい。
それでまだ及ばないならそれでいい。

とにかく、押さえたり、不利な状況じゃなく、
イーブンでどれくらいなのか見たいんだよ~~~~

なんかね。ハミオは得意のモナコで、
たぶん本気で優勝を狙ってた。
その、若獅子のような、無謀なまでの傲慢な自信と、
まばゆいほどのひたむきな想いに、
ものすごい期待感をかき立てられるんだよね。

こいつなら、なんかしでかすかも知れん。

それはミハエルにつねに感じていたワクワク感。

もう一度、彼が、
それを見してくれるかもしれない。

そんな期待。
たぶん、世界中のF1を愛する人々が、
祈るような気持ちで待っている、
そんな期待感。

そういう胎動が聞こえませんか。
ねえ。

アロンソに対するより、ハミオに、みんな夢見てるんだよ。
「楽な勝利だった」なんて言う元チャンピオンより。
あれほどの重タンで、
バーンアウトルールの1周を無駄にしてまで、
アロンソを本気で上回ろうとした、
あの22歳の大胆な若者に。

みんな夢が見たいんだよ。
そういう声が、今回の騒動の原因なんだよね。

って、ロンデニスは分かってるかなぁ。
スポンサーサイト

テーマ : F1GP 2007
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぶちょー

Author:ぶちょー
復活のいぶし銀いろ皇帝!!!!
ミハエルシューマッハは永遠のお気に入りとしつつ、
ヴェッテルもマッサもアロンソも、
とにかく熱いヤツを応援している、
まったりミーハーF1ファンです。

QRコード
QRコード
ご来訪ありがとうございます

最近の記事
月別アーカイブ
コメントありがとうございます
カテゴリー
最近のトラックバック
オススメ本
シューマッハ-F1、プライベートのすべてを語る シューマッハ-F1、プライベートのすべてを語る
ザビーネ・ケーム (2003/07/05)
PHP研究所
この商品の詳細を見る
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。