スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハミオ発言訂正!

すみません、1個前の日記で書いたハミオ発言ですが、
日光さんのコメントで訂正いただきまして。

どうも、フェラーリ移籍の噂に対してのけん制もこめて、
の「バリケロのような立場にはなりたくない」発言だったそうで。

前後がまるですぱっと切り落とされた記事で、しかも、
タイトルが、「ハミ、マクラーレンやめることも示唆」な~んてのだったので、思いっきり誤解してました。

以下→参考記事

っていうか、この記事ではそうとしか取れないヨ!!(`・ω・´)

ってことで、すみません、皆様に誤報をお届けしてしまいました。ごめんなさい。特に、マクラーレンファンのみなさん。日光さん。


それにしても、ハミオ報道はヒートアップする一方ですな。
でも、これで今日優勝したら、マジで大騒ぎだもんね~。
つうか、初めてのサーキットで。
そこまで攻められるハミオすげえ!惚れる。
とくに、セク2のヘアピンがとにかく速い!!!!
あとはチャンピオンの壁の餌食にならないことを祈りつつ・・・
ちなみに、今回、燃料搭載量はそれぞれどうだったんでしょうね?
フェラーリは、フリーで追いつかないと察して、多少積んでるのかな?と思ったんだけど。レースペースがいいし、戦略に頼る、と言ってたから・・・うーむ。

それにしても、そろそろセイフティカーが出てきても良さそうなんだけど。今年はモナコでさえ出なかったしなぁ。それでBMの読みが外れてルノーに抜かれたってのも興味深い。BMは、一か八かでポディウム狙った戦略だったんだなぁと。
そうそう、今回ルノーといえば、

コヴァライネンが哀れなことに・・・_| ̄|○

ただでさえ、フリー3回目で、オイルまきちらし屋になって。
エンジン交換10グリッド交換から始まった予選。
今度はウォールにクラッシュして、
それでもリカバーして出てきたのにQ1落ち・・・・

なんか、ものすごーく、謝罪してるみたいですが、
その気持ちを思い計るに、
さぞや身も縮む思いだろうと(;つД`)

なんか、コヴァは、新人なのに、ものすごい重圧の中から始まって、
どんどん違う方向のプレッシャーに押しつぶされてきて本来のパフォーマンスが出せなくなっちゃってる気がします。
なんか・・・ホント、なまじトップチームでデビューもつらいもんがあるんだなーと。

そういう意味では、ホントに、ハミオはすごいとこで戦ってるんだなぁと。

マシンがいいからだ、なんて言う馬鹿げた意見もあるけど、
そんなあほな!チームメイトはアロンソだよ?!
その下で下僕になってもおかしくない、
そのあせりに押しつぶされてもおかしくないのに!
これだけ堂々と渡り合って、しかも平然としてるなんて、
たいしたタマです。精神的にも強いと思います。

ホント、他人事ながら、
F1見てると、そのプレッシャーやストレス想像して
震えてきます。
すげえなあああああ。ホント。

そういや、
今年はニコもいいですねっ!
去年はなにかとついてなかったニコだけど、
だいぶ立派に、安定した走りを見せるようになりました!!!
素晴らしい!
ニコ、クビサあたりがどんどん安定して強くなってくると面白くなりそうですねー。フェラーリとマクラーレンだけで戦ってるのも飽きちゃうしー。

そういや、今回、せっかく
フェラーリとマクラーレンの間に割って入ったのに、
なぜか目立ってないよ!!!ニック!!!!
なぜか、プレカンでもインタビュー丸ごとカットされてなかった?!
な、なぜだ。

けっきょく、挟まっても、
フェラーリとマクラーレンの間に「人」が!呼ばわり。
はさんでる両側が派手すぎて目立たない罠。(;´Д`)

がんばれ、ニック。
目立て、ニック。
ヒゲをどこまでも伸ばすしかない!!!!
スポンサーサイト

テーマ : F1GP 2007
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぶちょー

Author:ぶちょー
復活のいぶし銀いろ皇帝!!!!
ミハエルシューマッハは永遠のお気に入りとしつつ、
ヴェッテルもマッサもアロンソも、
とにかく熱いヤツを応援している、
まったりミーハーF1ファンです。

QRコード
QRコード
ご来訪ありがとうございます

最近の記事
月別アーカイブ
コメントありがとうございます
カテゴリー
最近のトラックバック
オススメ本
シューマッハ-F1、プライベートのすべてを語る シューマッハ-F1、プライベートのすべてを語る
ザビーネ・ケーム (2003/07/05)
PHP研究所
この商品の詳細を見る
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。