スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

面白かったよ!!!カナダ!!!

ええ、もはや恒例になりつつありますが、
レースのあとからレースを振り返るシリーズ。(;´Д`)
つうか、今日一日書きたくて、でも忙しくてだめでした。
でも、会社行って、F1観た人探して、
でも見つからなくて、(当たり前だ)
昼過ぎようやくF1スキーな先輩と大騒ぎしてたら、
来るわ来るわ、F1スキーな皆様。
やっぱ、昨日朝まで見た人は、話したいよな!!!!な!!!!
同志ーーー!!!!!

いやーそんで、席付近で大騒ぎしましたです。

いやそれにしても昨日のレースは近年まれに見るすごいレースでした。
ジェットコースター?もうめまぐるしく変わるオーダーに、
最後まで息もつかせぬ展開!
いやーーーー面白かったです。

アロンソが!なにしろ、ミスしまくった!珍しい。
つうか、良く考えると、去年まで、カナダはアロンソの鬼門・・じゃなかったでしたっけ??あれちがった?
やっぱ鬼門ですよねーーー。
アロンソがあそこまで取り乱したの久しぶりに見た。
途中、セーフティーカーのせいで給油できなくて
しかたなくペナルティ受けたとき、順位を取り戻しに、ガンガン抜いてきたとこまでは、かっこいかった!(・∀・)
でも、昨日のアロンソはほんとーーーーに、ついてなかった。
ミスも多かったけど、
それ以上に、ついてない。運がない。
アロンソ視点で言うと、見ていてもしんどくなるようなレースでしたね。(;´Д`)

で、その精神的圧迫感の元凶ともいえるハミオが!!

昨日は、作戦の優先権を与えられてた!という事実にまずびっくりし。
そうかー前回のモナコで大騒ぎしたおかげ(?)で、
今回は優先権ハミだったのかーと、妙に納得。
つうか、そういうところが、公平病のロンデニスとハウグ。
その辺まで読んでの発言だとしたら、
ハミオ、恐ろしい子!!!!(((( ;゚д゚)))アワワワワ

でも実際、優先権さえあれば、
ここまで先に、給油でき、
2回目も、セーフティカーを避けて早めに入れて成功し、
・・・と何もかもうまく行くのだな!!!

ううむ、ある意味、今年は、跳ね馬コケまくってるから、
チームメイトで戦わせてる余裕があるけど、
相手がミハエルだったりしたら、どうするんだよー。

それでもマクラーレンは戦わせるんだろうな・・。

まぁ、でもこれ以上、
アロンソ優先させてハミを2位表彰台に縫いとめておくのは、
どう考えても世論を敵に回す愚ですので、(特に母国イギリスのな)
ロンは、さくっとハミを勝たせて正解じゃね?
大体、6戦目って!!!
しかも未経験サーキットって!!!
すごすぎる。
これはマクラーレンだけの歴史ではない。
F1の歴史が動く瞬間だ。
だから、それを曲げようったって、無駄なんだ。
なんか、ご本人も言ってるとおり、
勝つべくして、彼は勝ったんだ。そう思える。

本当に、歴史を動かすドライバーが勝つときは、
何もかもが味方するんだなーーーと思った。うん。

いやそれほどに、見事な、
運も味方にした上での、完璧な勝利だったよ>ハミ。
素晴らしいです。

(ちと、完璧すぎて映らんかったけどな)(;´Д`)

さて、今回は、まずなんと言っても、
クビサ!!!!です。
あーーーーもーーーーホントに心臓止まりそうになった。
ぎゅうって痛くなって、
こわくてこわくて。
死んじゃったんじゃないかってホントに思ったんだよ。(´;ω;`)

セナがクラッシュしたときのあのビデオは、何度も何度も見てるけど、
何度見ても、背中が凍る。おそろしくて。
今回も、動かないクビサに、ひやっとした。

ホントに、ホントに、よかったよ。
足骨折どころか!捻挫!!!
ホントに、なんでもなくてよかった。
危なく、ブルー入ってハミオの初優勝喜べないとこでした。

そんなクビサのクラッシュに始まり、
ほんとーーーに、いっぱいクラッシュ。いっぱいセーフティカー。
しかも、そのたびに、
新ルールのあおりを食らってペナルティ受けたりとか。
(ニコ!!!!惜しかったよ。。。。アロンソはともかく。
あのルールちっとひどくないか?・・・だってガス欠しちゃうじゃんかー)

なんだかあれれれれ?なうちに順位が入れ替わる入れ替わる。
変わらなかったのはハミオだけだよね。(;´Д`)

でもやっぱセーフティカーのおかげで、マージンなくなって
レースが面白くなったのはあるよね。
あとタイヤルールが、ようやくここに来て意味が出た。
琢磨のタイヤおいしいとこだけ作戦は、
ピットの皆さんには理解してもらえず、タイムロスにつながっちゃったけど、(おいおいおい!!!みんなちゃんとF1GPニュース見とけよ!!!)それでも結果的には読みどおり。
おいしいハード側のタイヤを最後に履き替えて、
アロンソを抜けたわけだし!!琢磨の判断だったらしく、さすが!です。
つうか、ホント、川井ちゃんは、参謀としてスーアグに行けばいいんじゃね?(うるさくて気が散るかも知れんが)

さて、セーフティカーのあおりといえば、
ブラックフラッグ食らったフィジコとマッサ!!!!
これはびっくりしたねーーー。
赤信号無視かよ!!!!
それでも、きっつい裁定ですが。
F1マニアな先輩に言わせれば、インディなどアメリカのレースでは当たり前の裁定で、レースをエキサイティングにするためにずばっと下されることが多いとか。カナダは、そういうレースもつだんやってるので、その辺、判断がはっきりしてたんだろうと。だそうです。

まぁ、信号無視して怒っちゃだめよ。マッサ。

しかし、それにしたって迂闊すぎるんじゃねーかぁ。フェラーリエースナンバー。

キミは・・・えーと。
いたっけ??な存在感だよ。おいおいおい。
実際、昨日はみんながみんな俺が俺がと主張するから、
主張しない人は覚えてない仕組み。_| ̄|○
ごめん、マジで、キミが何してたか、覚えてないんだ。
せめて、マッサとの差が広がらなかったことだけは喜んでおこう。

ええと、そんで。
昨日上がり下がりしてたといえば、ウェーバーですね。
すんごい上位にいたかと思えば、いきなりどーんと落ちてるし。
あれ?で、最後どうなったっけ?(これまた覚えてないし。)

昨日は、気がつけばそこ走ってた!的漁夫の利ドライバーも多かったですよね。表彰台のヴルツしかり、殊勲賞のコヴァしかり。
いやコヴァは、ホントよかったよ。こわしまくって、4位フィニッシュなら、運でお返しした感じ。

あーーーーそういや、
最後に、なぞのピットストップに駆け込んできたデビッドソン!!!!

ビーバーにぶつかってこられた!!!そうですね。
な、なんだそのめるへんな話は!!!

ビーバー・・・アンデビ・・・
かわいい(*´д`*)

さっきもスポルト見てたら、琢磨のうしろを、
「いえっへーい」って感じで茶化して通ってったのがかわいかったっす。スーアグ、ちんまいドライバーコンビで、カワイイなぁ。

さてさて、

そんで。

はぁ、もう疲れたし眠いよ。_| ̄|○

この先はまた明日書きます。(覚えてたらね)

最後に、兄さんネタ。
レース終了後、「F1がすきだーーーッ!!!」って叫びたいくらい
コーフンして、すがすがしい気持ちになってたら、
そんな顔したミハエルが、うれしそうにしてるとこを、カメラにとらえられてました。

あぁ、それでも、
そこにミハエルがいてくれるから、
私は安心して見ていられたんだよ。
ミハエルがいてくれるだけで、すごい安心感なんだよ。
そして、一瞬一瞬、ワクワクするんだよ。
まるでフェラーリのみんなみたいに。
私の、毎日の中でも、
ミハエルがそこで見ていてくれること、うれしそうに笑っていることが、どんなに心強いか。
ミハエルがいてくれたら、きっと、
道を示してくれる。大丈夫。

そんな風に改めて思いました。

いまでも、変わらずに、
私の支えはミハエルなんだなぁと。
もはや、この依頼心は、どこから来るのか不明です。
(;´Д`)
スポンサーサイト

テーマ : F1GP 2007
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

もちろんクビサも危なかったんですが、実際ウェバーのほうも危機一髪だったんですよね。
ちらっと映ったウェバーオンボードで、ヘルメット付近をクビサのドライブシャフトがスッ飛んでいっててさぶいぼ立ちました。
セナにしても、死因は折れたドライブシャフトが頭部を貫通したからですから。

クビサは次の日にはもう、自分で車を運転して帰ったそうで。
両者とも本当に、大事が無くてよかったと思います。

>日光さん
そうなんですね。ウェバーも危なかったのか。
よかったです何事もなくて。
それでもクビサは、念のためアメリカ欠場ですね。でも、無理して出場して何かあると嫌なので、ここはゆっくり静養してほしいです。
プロフィール

ぶちょー

Author:ぶちょー
復活のいぶし銀いろ皇帝!!!!
ミハエルシューマッハは永遠のお気に入りとしつつ、
ヴェッテルもマッサもアロンソも、
とにかく熱いヤツを応援している、
まったりミーハーF1ファンです。

QRコード
QRコード
ご来訪ありがとうございます

最近の記事
月別アーカイブ
コメントありがとうございます
カテゴリー
最近のトラックバック
オススメ本
シューマッハ-F1、プライベートのすべてを語る シューマッハ-F1、プライベートのすべてを語る
ザビーネ・ケーム (2003/07/05)
PHP研究所
この商品の詳細を見る
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。