スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チームのせい、とアロンソは言う

あまりに腹が立って後味が悪いので、
一足お先に、海外のいろんなニュースサイトを回ってまいりました。

そしたら、あらら。
今回ばっかりは、あちゃこちゃ世界中で
みんな怒ってる(;´Д`)

しかも、みなさんご丁寧に、
「アロンソはラスカスで停めたミハエルのこと怒ってたくせに」的論調で、

またミハエル持ち出されてるのかよ!!!(爆)

と思いましたです。
ご本人がいなくても、いつまでたってもネタにされるよなぁ。
でも、ミハエルをわざと抜かせてペナルティとか、
世界中の皆様が、いろんなことを思い出させてくれたので、

アロンソって、そういやそういうグレーなきったねーことするヤツだったかも・・と思い出してきた。(;´Д`)

そんで。

ようやくぼちぼち、それぞれのコメントも出てきたみたいですが、

アロンソは、
「あれはチームに従ったまで。キミとの間隔を取りたかったんだろ?」とチームのせいだ論。

しかも、

「チームが計算してる(んだから、チームの計算違いじゃね?)」とか、
「もし僕が早く出てたとしても、彼が上回れたとは限らない。」とか言ってます。

しかし、チームは、ロンを筆頭に、必死にアロンソを行かせようと手を振ってたという記事もある。
また、一説には、アロンソのフィジオセラピストが、カウントを取って遅れらせた??というのもある。
これは・・・チームというよりもなんなんだ?
ん?このフィジオセラピストって、 Fabrizio Borraっていう、
ええと、ある記事によると、ロンが連れてったって書いてあるから、
こいつが例のスペイン人(ロンにヘッドセットひったくられて怒鳴られてた男)か??はて。

とにかく、ロリポップは上がってた。
ロン以下ピットウォールの人々は、さっさと行けと指示してた。
でも、アロンソは、
「ピットラジオに従ったまでだ」と言っている。

となると、主犯は誰??

さて、一方プレカンでのオトナな反応で、
「すげえおっとなー」という反応と、「つまんね。つかみかかれよ!」という反応をいただいてるらしいハミ君ですが。(;´Д`)

そうは言っても、プレカンですでに、
「どれくらいあればフライングラップ間に合った?」聞かれて、
「アロンソの後ろで待たされた間くらいでしょ」な~んて
ブリティッシュな嫌味を言ってたくらいですから、そうとうぴりぴりしてますよ~と思ってたけど。

その後のインタビューでは、
「何が起こったのか、わからない。チームに聞いてくれ。
でも、怒ってはいない。本当に激してはいない。
ただ、何があったのかについて興味がある。それは知りたいと思う。説明を求めるつもりだ」と、相変わらずオトナなつうか、だいぶ沈静化したことを言いつつも、

「それでも、チームを信じている。
チームが、僕に不利なことをするはずがないと信じている」

と、つまりは、
「チームのせいだ僕は悪くない」のアロンソの発言に、
嫌味っぽく反論してるように見えなくもありません。
(え?うがちすぎ??)

ちなみに、絶賛激し中のロンも、
この問題は、チーム内で話し合うべき問題、としていて、
今頃ちょうど、なんらかの話し合いが持たれているんでしょうね。

いやいや、

きな臭いなぁ。

今のところ、ロンも、
アロンソがやったというよりは、アロンソのチームスタッフの故意を疑っているっぽい感じがしましたね。
とにかく、あの場でアロンソがタイヤのチョイスを迷ってたって説は消えたので、(当たり前だけど)

とにかく誰かの故意が働いてたっていう、いや~な結末が見えてきました。

一体誰のどんな故意なんでしょうか。


まぁ、それにしたって、
私だけじゃなくて、世界中のF1ファン、及びニュースが、
「アロンソcheat(`皿´)」とか、
「アロンソdisgrace(`皿´)」とか言ってるのはすごい。

フォーラムとか怒りのメールでパンクしてますよ。
いやびっくりした。
まーーー、そうは言っても、
英語圏での話ですけどね!!(スペイン語圏は知らん)

しかし、ここまで非難されてるのを見ると、

ラスカスゲートのときの、
どうにもかばいきれないのに、みんなの非難の声に胸が潰れそうだったあの気持ちを思い出しちゃいました。_| ̄|○

誰よりも、あの後味の悪い結果に、そしてそれを引き起こしたミハエルに腹を立て、それでも、ミハエルを好きな気持ちはこれっぽっちもかげりなく。
ただただ非難の声が苦しかった。
ありゃ地獄でしたよ。

こういうことがあると、ファンは気持ちを試されるんだよなーーー。
しみじみ。

って、今回は、ぜーんぜん、
アロンソのファンじゃないから、どうでもいいんだけどな!!!
大体、ミハエルをあれだけ非難して、
スポーツじゃないとまで言ったアロンソ君、
もちろん、今回はあなたの故意ではないんでしょうからね??


(追記)
とか言ってたら、Breaking Newsを追加。
なんとアロンソをレーススチュワートが調査することになったらしい。
チーム内でのピット作業のミスだから、
チームに不利になることはないはずだけど・・・
でもご本人が故意だったらアウトだな・・
こりゃ、知りたくなかろうが、
誰の故意かは判明しそうですよ。(;´Д`)


スポンサーサイト

テーマ : F1GP 2007
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

先程はすみませんでした。ラスカスの事は、決して悪い意味?で持ち出した訳では無いのです。私自身はミハエル大好きですし。今でもあれは純粋なミスだと思ってます。でも今日のアロンソは何度見ても納得出来ません!あの態度の悪さと言い。対してハミルトンはチーム大好きだから波風立てたく無いのでしょうね。スチュアードの徹底した調査に期待します。クルーの責任で終わりそうですけどね。普通はグリッド降格だと思いますが。あ~腹立つ!

>寝れないんCさん
いえいえ!ラスカスの話は、本当にあっちゃこっちゃのサイトで書かれているので、寝れないんCさんのこと言ったわけじゃないんですよ!(;´Д`)それに、私も、ミハエルLOVEがゆえの葛藤。あれ発端は純粋なミスだとおもってるし。(そのあとの駐車が故意っぽい)
今回は、ハミのチーム愛とアロのチーム憎がぱっきり出てますね。つうか、アロンソは、ラテンだからカッとなりやすいんだよなーーーー。やれやれ。で、グリッド降格。もうミハエルを悪くは言わせねーぞ!!!!

いつもブログ楽しく拝見させてもらってます。
今回のペナルティについては、アロンソやっちゃったなという感じですねぇ。ちなみに裁定結果はこれに載っています。
http://www.autosport.com/news/report.php/id/61373

これを見た限りでは、アロンソの10秒間の停止行為とその前のチームクルーによる20秒の静止指示が問題視されているようですね。FIAによる今回の処置ですが、アロンソに対するペナルティの理由が "he unnecessarily impeded another driver"であり、対してチームのそれは"The actions of the team in the final minutes of Qualifying are considered prejudicial to the interests of the competition and to the interests of motor sport generally"とより強い意図のものであり、ペナルティもチームはハンガリーでのコンストポイント剥奪であるのに対し、アロンソのグリッド降格数が比較的軽微(5グリッド)であることを勘案すると、むしろチームの指示が問題視されているようです。それと、Q3開始時にハミルトンがチーム内で事前に決められた決められたオーダー(バーンナウトラップではアロンソを前に出す)を無視した(クルーの指示によるもの?)ともあります。他にも色々と書いてありますが、どうも今回の件はチーム内のさまざまな確執が発端となったようですね…。ロンはセナプロの頃から学習してねぇなあ。

>Eagleさん
どうもどうもです。
今回は、どっちかってーとチームクルーによる鞘当だったっぽいですね。そんなことで予選が台無しちゅうか、レースのオーダーが左右されるなんて、なんかそれはそれでムカつきます。チームはなにやっとるんだ!つうか、やっぱ、ロンですかね。何度やらかしたら勉強するんでしょうねえ。(;´Д`)

ううむ・・・金曜にミハエルが今期来ないと言ったときは
すごく落ち込みましたが、この騒ぎになったあとだと今回来なくて正解だったような・・・(汗)
しかしこれでマクラーレン、ていうかハミ男とアロンソ君とチームはどうなっていくのやら・・・(冷や汗)

>MUEさん
私もそれ思ってました!(;´Д`)
ぜったいまた余計な記憶を呼び覚まされ、ミハエルがいじめられる!!!とか余計な心配してしまいました。しっかし、これにて、ハミとアロは決定的に仲悪くなるでしょうね。っていうか、外には出さないようにしてただけで、実際は、クルー同士がこんなにやりあってたとは驚きです。_| ̄|○
プロフィール

ぶちょー

Author:ぶちょー
復活のいぶし銀いろ皇帝!!!!
ミハエルシューマッハは永遠のお気に入りとしつつ、
ヴェッテルもマッサもアロンソも、
とにかく熱いヤツを応援している、
まったりミーハーF1ファンです。

QRコード
QRコード
ご来訪ありがとうございます

最近の記事
月別アーカイブ
コメントありがとうございます
カテゴリー
最近のトラックバック
オススメ本
シューマッハ-F1、プライベートのすべてを語る シューマッハ-F1、プライベートのすべてを語る
ザビーネ・ケーム (2003/07/05)
PHP研究所
この商品の詳細を見る
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。