スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピットゲートを振り返る

なんだか、一晩明けて、
なんともしらけた気分に支配されている私。
皆さんはいかがでしょうか。(;´Д`)

なんかね。結局、
ロンの言うように、非は両方にあり、
そもそもは、ロンにあり。
そんでこうぐちゃぐちゃな気がする。

正直、いろいろ読んでいると、
だんだんハミもしょーがねーなって気分になってきた。

そもそもの発端は、
アロンソがチームに不満を持っていて、
今回は、そんなアロンソを優先させてなだめる回だったってことで。
ハミルトンがその約束を侵犯してしまったため起こった事件であり。
ハミルトン自身、たぶん、
自分がポイントリーダーなのに、
どうしてアロンソ優先?!って心のどこかで思ってたんじゃないかと思う。

彼にとっては、ポイントで優勢なのが、唯一、
セカンドではない立場を主張できる根拠みたいなもんだしなぁ。
そこをイーブンにされることに対する拒否感もあったんでしょうか。

実際、ロンがあれほどまでに怒ってたのは、
ある意味アロンソが言ってたのは正しくて、
あの状況が引き起こされてしまったこと全体に、
ハミが引き起こしたことも含めて、
「お前ら何やってんだよッ!!!!」ってことでキレたらしいです。
ヘッドフォンを投げた気分は、
「これでまたもめる!!!あぁ、なんてことだ!!!」ってことらしい。
だからアロンソにキレた訳ではないようですね。

どうやら、チームラジオで、相当ハミとロンがやり合っており、
(つか、口汚く罵り合っていて)
そのあとアロンソもキレたということで。
ロンは、すでにQ3の最中、
どっちのドライバーからもギャーギャーとピーな言葉をぶっつけられてたようです。(;´Д`)

ちなみに、戻ってきてからも、ハミとロンは、

ハミ「このクソ野郎、今度こんなマネしやがったらぶっ殺す!!!」
ロン「お前こそ今度このクソ野郎なんていったらゆるさんぞ!!!」
ハミ「地獄に落ちろクソったれ」

みたいな(クソの部分が例のF***発言)しょうもないやり取りを、
TIME誌の記者に聞かれてたらしいですし。(;´Д`)

なので、ハミは、明らかに、チーム=ロンにキレており。
アロンソはハミにキレ、
そんなハミを擁護するチーム=ロンにキレてると。

あぁ~あ、すごいことになってるなぁ。

やっぱり、
才能と野心のある、プライドの高い若いドライバー二人を、
イーブンで・・なんていったって、
どだい無理があるんですよ。
押さえろって言ったって、そこで押さえてるようじゃ、
優勝なんかできないし、チャンピオンシップも争えない。

ハミがしたたかなのは、
そういった、うちわでの闘争心を表に出さないで、マスコミを上手に使ってることで。

そもそも、ロンとアロンソの関係が一気に冷え始めた原因である、
モナコでの、チームオーダーをロンが認める発言だって、
ロンが言うには、英国のマスコミを押さえ切れなかったってのが
原因だというし。

だとすると、そこまで上手にハミは英国のマスコミを利用してるってことになるわなぁ。

いや実際、あの子は、最初から、
大変頭よくしゃべってます。
自分が損しないように、自分が良く見え、
自分に味方がつくように、
実に上手に立ち回り、感情をあるときは表に出し、あるときは、コントロールする。

最初は、うっかり感情が出てるのか??それともわざと小出しにしてるのか?と判別つかなかったけど、あの子のコントロール能力を考えると、
確信犯ですね。非常に、その辺がうまいんだな。
自分がどう言うとどう見られるかが分かってる。
さすが、現代っ子。

その点、アロンソは、激情して、後先見ずにきついことを
マスコミにばんばん言うから、
嫌われるし、叩かれる。

チームに対する物言いも、
ハミは、絶対公には批判しないのに対し、アロはガンガン批判する。
その差がチーム内での微妙な格差に出る。

どうも、対マスコミではアロンソの方が明らかに不利ですね。

しっかし、
そこを何とかするのがチーム代表だろが!とも思う。
ロンは、どうも、うっかり迂闊で、
ハミをかばっちゃったり、アロをあとからあわててかばってみたり、
何かと後手後手。
けっきょく、どっちにもいい顔しようとしたいくせに、
けっきょくキレでどっちにも厳しくあたり、
どっちからも嫌われるってな感じ??

大体さー、どっちにもいい顔できる器量がないんだったら、
最初からどっちか贔屓しとけよって。
浮気してどっちからも責められる男は、最初っから浮気するな!!!!

まぁそこが悩めるチームボス、ロン・デニスの味!!!なんですけどね。
(最近クセになってきたらしい)

まぁ、さすがに、
今回の事件で、いいように罵られ、
勝手なことされて、FIAに怒られて、踏んだり蹴ったりなのは、ロン。
子供たちの相手をするのは、もう嫌だ!!!!とぶっちきれていることでしょう。私も嫌だそんな職場。

ある意味、生意気で言うこと聞かない10代~20代前半の金持ち漫画家先生を相手にしている編集者さんの悲哀ですわねえええ。(よう知らんけど)

しかし、マジで、

子供が親の関心を奪い合って、スネて、
暴れまわって、殴り合いして、家壊しちゃった!!!

みたいな事件ですね。
あ~・・・・子供たちよ。
お父さんたちは仕事でいそがしいんだからさ。
おとなしくしておいてくれよ。(;´Д`)



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは。そうだったんですか。私も昨日はすっっかり白けてしまってその後の事は見もしてなかったので、全く知りませんでした。う~ん、全員退場です。元来F1ドライバーて強い野望を持ってる訳ですから一癖も二癖もあって当たり前なんでしょうけど。ミハエルも時には熱くなって他のドライバーのヘルメット叩いちゃったりとか、お茶目な面もありましたが、ドライバー同士のコミュニティを大切にしてたりとか、誰もが認める功績がありますよね。は~、ただ速いだけで無く、そんな本当の意味でのスター、再び現れるのでしょうか。

そんなもんでしょうね

アロンソはルノー時代はブリアトーレの庇護の元でナンバーワン待遇でやってきて
しかもディフエンディングチャンピオン
アロンソからしたら…ハミルトンは新人で自分は二年連続チャンプ
しかもルノーから大量の人材を引き連れて移籍した
ルノーのときのようなナンバーワン待遇を要求するだろう


ハミルトンもロン・デニスの庇護の元将来のチャンピオン候補てして特別な待遇を受けてきた
しかも、アロンソにポイント差をつけられるならまだしも
シーズンは中盤で自分はポイントリーダー…
さらに最年少でしかもデビューイヤーチャンピオンとまちがいなくモータースポーツ史の歴史に残る偉業の可能性がある
そうなれば、契約交渉で爆発的に年俸は跳ね上がる
ハミルトンも引けません

ロン・デニスの青描写ではアロンソにつけてハミルトンを育てる(アロンソは即チャンピオンをもたらすためで、ハミルトンは長期戦略)よていだったのが
F1もブリヂストンワンメイクになったことでGP2のタイヤ特性が同じような感触になったためハミルトンが予想以上にはやくF1に適応したのはロンデニスには誤算だったろう

>寝れないんCさん
そうですそうです!なんか、昔は、仲悪くても、ここまでマスコミにリークしたりとか陰湿で修復不能な感じじゃなかったような・・。もう少し、チーム間のビジネス的抗争も少なかったんじゃないでしょうかねえ。なんだか、子供を使って大人が金儲けの争いしてるようにしか見えないです。(´・ェ・`)

>臨予さん
私も、少なくとも今年1年間は、アロンソにつけてハミルトンを育てる作戦だろうと思ってたので、ハミの思いがけない速さにビックリしてます。ロンも、さすがに、1年目のルーキーでここまでアロンソと覇権を争うようになろうとは夢にも思わなかったんでしょうね。(あと、ここまで歯向かわれるとは)(;´Д`)
最近は、孤立しつつあるアロンソに、同情的な気持ちになってきました。

ぶちょーさんのお気持ちよーくわかりますわ。自分もここ最近のマクラーレン内のゴタゴタには正直辟易としています。

ただ、昔のF1も正直陰湿さという点では五十歩百歩のような…古くはジルとピローニの時代からチーム協定を利用した「根暗の復讐」的抜け駆けはあった訳ですし、セナプロの時なんかはバレストルも絡んでマスコミを上手に利用したジメジメの非難合戦が凄かった記憶が。

ただ、ロンも言うように最近はインターネットの発達で情報があること無いこと瞬時に世界中に配信されますからね、話がこじれやすいというのはあるのかも。

>Eagleさん
ネットの速さが問題なのは、やっぱり、予選後から決勝までにこうしていろいろ裁定が下せちゃうってことでしょうね。予選直後は、アロンソが悪い!!って全世界が思ってましたからね。ロンが言ったこともすぐリークされちゃうし。リアルタイムでどんどん仲を悪化させてる気がします。ドライバー同士の確執自体は、いつの世にもあるものですしねえ。
プロフィール

ぶちょー

Author:ぶちょー
復活のいぶし銀いろ皇帝!!!!
ミハエルシューマッハは永遠のお気に入りとしつつ、
ヴェッテルもマッサもアロンソも、
とにかく熱いヤツを応援している、
まったりミーハーF1ファンです。

QRコード
QRコード
ご来訪ありがとうございます

最近の記事
月別アーカイブ
コメントありがとうございます
カテゴリー
最近のトラックバック
オススメ本
シューマッハ-F1、プライベートのすべてを語る シューマッハ-F1、プライベートのすべてを語る
ザビーネ・ケーム (2003/07/05)
PHP研究所
この商品の詳細を見る
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。