スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マクラーレンに裁定(速報)

でましたね。
裁定速報。
ただいまBBCニュースに速報が出ました。

「マクラーレン、2007年はコンストラクターズタイトルから除外。および、100m$罰金。ドライバーズポイントは保持。」

まぁ、妥当なとこにきましたね。
といいつつ、
海外のF1情報サイトでは、一部、
2007年と2008年のコンストタイトルから除外、と書かれてたりして、どれが正確な情報か分からんのですが。

とにかく、ドライバーズが守られたのは確かな様子。

そりゃそうだろ。

いくらなんでも、今年、これだけ盛り上がった原因とも言える、
チームメイト同士死闘をくりひろげるマクラーレンの二人を除外したら。

その本気までを無にしたら、
今度こそF1なんざ、誰も見ないよ?
そんな茶番はもううんざりだ。

スパイだなんだって言ったって、
そもそも技術者を引き抜いたり引き抜かれたりして、
技術をめぐらせることで発展してきたF1が。
スパイだ、情報流出だって、
どんな茶番かと。

政治こみのF1、それは認めるし、
それもF1のビジネスこみの醍醐味だとは理解してるけど。

ドライバーの本気までもてあそぶような真似はしておくれでないよ。
そこまで傲慢であってほしくないね。モズレーさんよ。
あんたは神にはなれないんだよ。
人は神の領域に触れてはいけないんだ。
神と奢って、バベルの塔を建てたその瞬間から、
すべての崩壊、秩序の倒壊が始まるのだからさ。

F1のレースには、
決して人の触れられない、神が宿っていると、
私はそう思っている。
だから、すべてのレースは、すべからく、美しいんだよなと。

2006年鈴鹿のレースのなんと哀しく美しかったことか。
モンツァの茶番劇なんかより、
はるかに、哀しく、そして心に残ってるじゃないか。

あの日の青空と、清涼な秋風と、
舞い上がる白煙、
つんざく轟音を、
私は忘れることは決してない。

あの日の夕焼けを、忘れることは決してない。

それがレースということだ。
ミハエルが愛した、
すべての人々が愛する、
レースということだ。

呪わしいそのとき、その日の記憶さえ、
忘れがたいものとして、心に刻まれている。
それが、レースの本質だから。

人が手を触れてはいけない領域だから。

・・・・
まぁ、今日の裁定に、
トッド&モンテゼモーロが納得してるかはなぞですし。
まだまだどろどろする可能性はあるが。
そろそろバーニーも、F1イメージ回復に乗り出すことでしょうしね。
つうか、さっきニュース画面には、
ハミルトンも出廷してる様子が映ってましたよ。
ドライバーも呼び出されたのか!!!レースウィークだっつうのに!!!

なんだかなぁ。

とにかく、さっさと片付けて、
レースに戻ろう。
戦いの場を元に戻そう。
話はそれからだ。

See what happens.

さぁ、レースを見てみよう。
スポンサーサイト

テーマ : F1GP 2007
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

ドライバーズポイント剥奪は免れてよかったです。
そんな政治的ドロドロで転がりこんだタイトルなんて
嬉しくもなんともありませんから。

ファンは応援するドライバーが
実力で勝利を手にする姿を観たいのです。
キミのシャンパン一気も。

イタリアは私も複雑な気持ちで観ていました。
見事な勝利を収めての引退会見。
ある意味、皇帝・ミハエルにふさわしかったのかも。
でもやっぱり淋しいですね。

鈴鹿のラスト・ラン、ブラジルの鬼神のような走り、
涙なくして観られなかった2006年のF1。
これからのドライバーたちも、コレを越えるような
熱いレースを見せて欲しいものですね。


そうですそうです!ドライバーの本気を掻き回す政治的な攻撃、果てはドライバー自らが政治を利用して優位に立とうとしたり、そんなの見たく無いんです!確かにそう言ったドロドロを乗り越えた時の勝利等に胸が熱くなるのはあるんですが、ミハエルとハッキネンの時の様な純粋なバトルが一番見たいです!どちらが勝っても後味のいい、そんな爽やかな勝負、しばらく見て無い様な気がします。

はじめまして

そうです!!
ハッキネンとミハエルのバトル。
あんなバトルが返ってきて欲しい。
お互いを認めあって。レースを政治とかお金とか世間とか。そんなものはすべて忘れたレースを楽しんでいるドライバーの姿。

みんな。
いろんなものに振り回されて。F1マシンを走らせる。サーキットを駆け抜ける。ただそれだけの純粋な想いを塗り潰されているような気がする。
ドライバーは。スパイだとかなんだとか。例え何が起きてようと。そこにあるマシンに乗るしかない。
走るから全てなんだ。
そう思う。。。
だから。
ヨカッタもなにも。
免責であたりまえなんだ。
そう。思います☆

それと。同時に。
ミハエルが支えていたものって。。。
フェラーリだけではなく。
F1の魂☆みたいなもの。
それも。自然に背負っていたのかな。
そう。思います☆

>tomoさん
分かります!応援してるドライバーだからこそ、ヘンな手を使って勝ったと思われたくない。実力で勝ち取るからこそ価値があるものですよね。っていうか、勝たなくたって、感動することが出来る。そういうのがレースのよさだと思います。早くレースが見たい!!

>寝れないんCさん
ですよねーーー。いくら汚いと言われても、ミハエルはミカとのクリーンなバトルを一番なつかしんでいる。それは彼ら自身が一番良く分かってますよね。ああいうのがいいなぁって思います。今の子はみんなどろどろしすぎ!!

>tommyさん
ですねえ。純粋なバトルだからこそ、勝っても負けてもいいレースだったっていう顔をしてる。それは見ていても分かりますよね。
ミハエルがよくいう思い出に残るレースが、2000年ミカとのスパでの攻防だってのも面白い。あんた抜かれてるじゃん!!!ってww。
そういう人だから、F1の魂だったんですよねえ。

二日酔い。

姐さん、FIAの文書全文、翻訳しときましたぜ!
http://ganbaranai.jugem.jp/

いや、ドライバーについても「保留」してるだけで予断は許さん状況らしい。まあ、正式に決まるのはシーズン後でしょうな。

>むっしゅさん
うぎゃ!あれよく訳しましたね。
さすがに、入口までいって見て帰って来ちゃったのに。
さっそく読ませていただきます~。
しかしアロンソのemailって噂はホントだったんですねえ。
プロフィール

ぶちょー

Author:ぶちょー
復活のいぶし銀いろ皇帝!!!!
ミハエルシューマッハは永遠のお気に入りとしつつ、
ヴェッテルもマッサもアロンソも、
とにかく熱いヤツを応援している、
まったりミーハーF1ファンです。

QRコード
QRコード
ご来訪ありがとうございます

最近の記事
月別アーカイブ
コメントありがとうございます
カテゴリー
最近のトラックバック
オススメ本
シューマッハ-F1、プライベートのすべてを語る シューマッハ-F1、プライベートのすべてを語る
ザビーネ・ケーム (2003/07/05)
PHP研究所
この商品の詳細を見る
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。