スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マクラーレンのアピール

もはや、チーム自体に嫌悪感を抱いてきました。
マクラーレン。
つうか、ロンデニス。
そこまでしたいか。僕ちゃんのために。
ご本人も、さすがに、
「パパ、僕はそんなチャンピオンシップはほしくないよ」と訴えてるじゃないか!!

なんか、FIAとロンデニスの、
ハミルトンスター化計画には、
嫌悪以外の何ものも抱けなくなってきました。

そんなにまでして、ルーキー王者が欲しいのか。
そこまで来季自信ない?
そうね。アロンソはもう二度と協力しないだろうしね。
来季ガラスのマクラーレンが戻ってこないという保証はないもんね。

でもさあ、そんなことして
当のドライバーが喜ぶと思うか?!

今年の問題点は全部そこじゃん。
本人がいい子ちゃんぶったことなんか実はどーでもよくて、
本人がそこまで何してもいいって思っちゃうほど、
FIAはハミルトンに甘すぎたんだ。

クレーンでコース復帰の頃から変だった。
モナコでチームオーダー疑惑を焚きつけたときも、
ハンガリーでアロンソに裁定が下ったときも、
もろもろハミルトンだけは、まるでマスコミというベールが守っているように、まさに人為的なミラクル連発?
最後の仕上げは、
鈴鹿・・じゃなかった富士での不審な減速と
ブラジルでのキミ予選妨害が、
問題にさえ上らなかったこと。
上海でも、グラベルにはまったまましばらく動かなかったのは、
危険行為として罰せられる

ハミルトンは、自分の商品価値が分かってしまったから、
これくらいなら自分は許される、と思い込んでしまった。
そりゃ、勝ちたい、負けん気の強いドライバーだから、
当然でしょう。
ギリギリでも多少疑惑があっても許されるならなんでもする。
それでこそ、チャンピオンを争う器と言える。

ただね、

それで今まで、ミハエルもアロンソもさすがにヤバイことしちゃったってときは、罰せられてきた。疑わしきも罰せられた。
もちろん、へんな裁定でクリアできちゃったこともあるけど、
それでも相当バッシングされてきた。

そうじゃないと、F1の秩序は保たれないでしょ。
それでいいと思う。
ヒールならヒールでいいじゃない。
だってそれだけ勝ちたいってことだもの。
一瞬にして心が暗黒面に落ちる。
それもまたレースの醍醐味だ。

なーんて思うわけで。
だから何がいいたいかというと。
今年はなんだか奇妙な年でしたねと。
ハミルトンをクリーンな新世代ヒーローとして売り出したいという
FIA、FOMの思い入れが異常に強すぎて、
それが前面に出すぎちゃって。
みんながだんだん、あれれ?とクビを傾げちゃった。

別にブラックでもいいのに。
悪いことして裁かれたらそれはそれで、
納得したはず。
あいつも勝ちたいんだな。やっぱりF1ドライバーだな、と思うはず。
何しろミハエルの記憶も新しい今ですし(爆)

それを無理にとりつくろって、
ハミルトンはいい子です。
反抗もしてません。
アロンソが悪いんです。
って過剰に言い過ぎるからなんか変なことになっちゃった。
そんな気がします。

要は、ロンデニスが悪い。(;´Д`)

もはや醜悪でしかない。
ギアボックストラブルも、どうもドライバーミスじゃないかって
噂があるらしいけど、ロンは頑としてギアボックストラブル。
ホントのところは分からんけどさ。

あとは、予選後のプレカンで、
ついにジャーナリストに、ハミルトンが詰め寄られて、
「キミを故意に妨害したんじゃないか?謝れば許されると思ってないか。」と言われたときは、
さすがのハミルトンも閉口したそうですが、ロンはカンカン。
それでも、妨害したのは事実で、
キミに(わざわざカメラの前で)謝ったのも事実。
そんで、フェラーリは別にそれを大事にしなかっただけで。
それはキミがああゆう性格だってのが大いにあるわけで。

なんかねえ、
自分がリードしてるにしちゃあ、見苦しいじゃないですか。
マクラーレンさんよ。

そう、見苦しいんだよな。もはや。
うちのハミルトンちゃんにタイトルをあげるために、
なんとかできないかってんで、
急に今までずっとやってなかった温度検査やってみて、
鬼の首を取ったようにスチュワードに言いつけたりしてさ。
(それも、公示気温と実気温に差があったため仕方ないって説もあるじゃない)
それで一回みそがついたタイトルだったけど、
けっきょく協議の末、無罪。
だって、そんなことで、チャンピオンのタイトルが奪われていいはずない。
だって、フェラーリがずるしてタイトル獲ったんじゃないもん。
あそこでハミルトンがミスしたのは、ハミルトンのせいだ。
もしウィリアムズとBMWがいなかったとして、
他のマシンが間に挟まらなかったという保障はあるのか?
もし温度があってたとしても、
その2台を追い抜けた保障は?

なんだか納得行かないでしょ。

これでもし戴冠したとして、そんなタイトルに何の意味があるよ?

もういいかげん、みんな目を覚まそうよ。
ハミルトンがなんでここまで嫌われちゃったか。
周りの大人が悪いんじゃないの。
寄ってたかって祭り上げて、
ヒーローの虚像を背負わせて。
若干22歳の若者に。
世界中の目に晒される重圧を、
ただ1人に負わせる危険を、
なぜ彼らは思い至らないんだろう。

大体、今一番くやしいのはハミルトンのはず。
自分の失敗を悔やんで悔やんで頭にきてるはず。
でも、その自分に対する怒りこそが、きっと来年以降の力になるはずなのに。
もしここで、「本当はおれがチャンピオンだったのに。ズルされたせいで台無しだ」なんて発想がちらりとでもよぎってしまったら。
せっかくの成長の機会さえダメにしてしまう危険があるんだよ。

そういうもんじゃない?

人間は弱いんだ。
否定されることがつらいんだ。
自分で自分を否定することは恐怖なんだ。
でもその恐怖と戦わなければ、
チャンピオンドライバーにはなれない。
タイトルをとった自負に取り殺されてしまう。
アロンソのように。

だからさ、
いまはへんな同情もとりつくろうこともせずに、
若さゆえの過ちをみんなで認めようよ。
やっぱりF1タイトルはすごい。
最終戦には魔物がすんでるって思おうよ。
そういう言葉を、彼に、かけてあげようよ。


私は、ロンデニスが嫌いだ。
ドライバーを自分の思い通りにしようとするところが嫌いだ。
彼は口を慎むべきだ。
今年のマクラーレンの見苦しい一連は、
彼が奔放にしゃべったからだもの。


スポンサーサイト

テーマ : F1GP 2007
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

まぁ、とりあえずは、
アロンソもハミルトンも
コース上での決着ではないチャンプ獲得は望まない、
って発言が出た事にはホッとしました。

チームとしての抗議は、まぁよくあることですからね。
フェラーリもよくやってましたし。


ダーティーでもヒールでも
やるのならサーキットの上で、が
F1ドライバーであって欲しいです。
ぶつけたり、妨害したり、はたまた路駐したり(爆)
それでもコース上のエゴだからおもしろい。

周りの動きや政治やらなんて関係なく、一人の人間同士、
サーキットの上での意地やエゴのぶつかり合い。
だからこそドラマが生まれるんだ、と思います。


そして、やっぱり個人的にはF1年間王者は
簡単に達成できるものであって欲しくない。

過去自分が好きだったドライバー達が
コース上で死にもの狂いで獲得してきたもの、
そしてそれでも得られなかった人達。
その重みを感じて欲しいので。

ハミルトンもこれからですからね。

こんにちわ。
旅先のTVでブラジル決勝見て、キミちゃんの大逆転&初戴冠に大喜びして戻ってきたらこの騒ぎ・・・orz

ロン・デニスよ、とうとうそこまで耄碌したか?!
あるいは、そこまでして英国人ルーキーチャンプが作りたいかFIAよ?!と思いますね。

幸いハミ男もアロンソ君もそんな事はするべきでないと言ってますが。
しかしマクラーレンもFIAもまじでKYだ・・・

>グリさん
そうなんですよっ!これまでの王者たちも、最後の最後にプレッシャーに苦しんだり、運命がいたずらしたりして、なかなか獲れる物ではなかった。そういうすごいものがF1タイトル!って思うので。新人のハミルトンがこんなもんかーって思わないようにも、よい結果だったと思います。みんな、「やっぱり最後はすごいプレッシャーなんだろな」って思ったし。それでいいと思う。だって、すごいことなんですものね。タイトルを獲るってことは。最後は、精神力。人間臭いことが決める。それがF1の面白いところですね~

>MUEさん
お帰りなさいませ~
なんだか、むしろハミルトンがかわいそうな気分です。本人も、頼むからやめてくれとチームに言ったみたいですね。確かに。でも、もはや、本人の意思ですらない。F1は化け物みたいなビジネスになっちゃったんですねえ。。。なんか萎える。ホントに世界中のF1ファンの気持ちを、何だと思ってるんでしょう彼らは。(´・ェ・`)

こんばんは、やっとコメ入る様になりました。しばらくトラブってました。さて本題です。ハミルトン、本音の所どう思ってるんでしょうね?対マスコミ、対キミへのアピールでそんなタイトル要らない、て言ってるだけだったりして。もはやアロンソ、ハミルトン、マクラーレンに対してはその位勘繰ってしまう私です。

さすがにこれにはドン引きです(;'_`)

てか、マクラーレンに批判が集中してますが、
実際にはこの話を持ち出したのはブラジルのレーススチュワードなわけで。
そりゃマクラーレンとしても、統轄本部がそんなこと言い出したら
訴えないわけにはいかないでしょう、チームとして。

ま、今回ばかりは、ランキングが覆らないことを望みます。

>寝れないんCさん
いやーーさすがにハミルトンも、優勝→チャンピオンを狙ってたでしょうね。中国でもブラジルでも。(;´Д`)そこでアロンソなら、ハミルトンにさえ負けなければいい、って割り切って走ったでしょうが、そこではやるのが若さゆえ。むしろそういうところは嫌いじゃないですけどねーー。でもいい加減、すっきりオフシーズンに入らせて欲しい・・_| ̄|○

>日光さん
ええ、たしかにふだんやってなかった燃料温度調査をいきなりやったのは、FIAの技術代表のジョーバウワー(こいつたぶん世界中で嫌われてるでしょうね)、でレーススチュワードは不問にふしたはず。マクラーレンとしては、スポンサーや本国のプレッシャーからアピールせざるをえなかったっぽいですが。それでも!!!ドライバーの気持ちも無視した最悪の展開ですね。ハミルトンだって、そんな後味悪い言われ方は心外だと思います。ファンの方々もそんな裁定嫌ですよね。。
プロフィール

ぶちょー

Author:ぶちょー
復活のいぶし銀いろ皇帝!!!!
ミハエルシューマッハは永遠のお気に入りとしつつ、
ヴェッテルもマッサもアロンソも、
とにかく熱いヤツを応援している、
まったりミーハーF1ファンです。

QRコード
QRコード
ご来訪ありがとうございます

最近の記事
月別アーカイブ
コメントありがとうございます
カテゴリー
最近のトラックバック
オススメ本
シューマッハ-F1、プライベートのすべてを語る シューマッハ-F1、プライベートのすべてを語る
ザビーネ・ケーム (2003/07/05)
PHP研究所
この商品の詳細を見る
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。