スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本GP決勝!

いええええええーーーーーい!!!!!

アロンソ2連勝!!!!!
しかも自力優勝
超・激・萌え!!!!


いや~~~~やりましたね。
つうか、何が悔しいって、

こんなことなら富士に行けばよかった_| ̄|○

いやもちろん、2006年とかアロンソの優勝なんざ見たくなくても目の前で見てたけどさ。(爆)
今年のこの優勝で、
こんなに飛び上がって喜んでる自分に(笑)

それにしても、
今回のGPでますます一般化したのは、
私もつねづね言っておりますが、

2008年はチャンピオン該当者なし!でいいんじゃないか?(ぼそっ)

ついに今宮さんが言っちゃいましたがー(爆)
まさにそんな気分です。

もういっそ、優勝回数制限とか、
最低点数制限とかつくっとけよってな気分です。(;´Д`)

しかし、現地入りした友人に聞いたけど、
何でもハミルトン、むっちゃ人気なかったそうですね?
鈴鹿経験者の私からしてみれば、
それってけっこう異常事態だよ?

だってさ、サーキットって、ほんと不思議な空気に包まれていてさ、
いくら敵ドライバーでも、目の前で奮闘してるの見ると、
決して悪く言えないっていうか。
なんだか不思議な連帯感を感じるもので、
私にとって悪夢の2006年でさえ。
あのミハエルの白煙もくもくリタイヤのち、アロンソ優勝の瞬間でさえ!
やっぱり、ドライバーをたたえる気持ちにはなりましたもの。
目の前にして悪くいえるとか、リタイヤを喜べるなんて、
そんな悪感情はそんな記憶ないんだが・・。

それくらい、ハミルトンは人気ないなーってことなのかもしれませんが。

確かに。
今回の見るも無残な自滅ショーもトホホだったけど、
それ以上に、ラストラップ、
ラップダウンになりたくないがために幸せムードのアロンソを
イライラッと抜いていった行動に、
大変なガキっぽさを感じますよ。(;´Д`)

なーんかさー、普段からガキそのもののヴェッテルなんかはそんなことしないんだけどさ。
普段大人っぽいハミルトンだけに、
どーもそういうカッとなっちゃうところは、
かわいー!とは思えず、
単ににくらしい失礼なガキ!になってしまうのよね。

もうちょいその衝動を抑えなさいよハミルトン。
そうじゃないと嫌われ者街道まっしぐらだぜ。

なんつうか、アロンソに対しては、
ハミルトンも気色ばむ嫌いにありますよね。やたらと。
そんなに突っかかるか、おまい。
アロンソも相当ミハエル意識して突っかかったが、
そういう、凶暴なつっかかりはなかった気がします。
どうした?ハミルトン。

それもこれも、
最初のタイトルまでの騒ぎなんでしょうかね?
タイトルさえ取れば、
もっとジェントルになってくれる・・・と信じたいが、ま、無理だな。(爆)
アロンソも、結局最後までミハエルに対して
しつれーで自信満々なガキ以外の何者でもなかったしね。

さて、
何気に、ポディウムがアロンソ一派だなぁと思い、
前回よりはニコニコしているアロンソを見てほほえましく思っておりましたが。

キミ、クビサの最後の攻防はこれまた面白かったですね。
やっぱクビサもなかなかやるな!!!
このバトルを、マッサハミルトンも少し見習いなさいよ。
マッサハミルトンで、こういう種類の攻防が
もう少しあってもよかったんじゃないの?
チャンピオンシップ争ってるわりに、
あんまりしびれる直接対決、なかったよね??

アロンソVSミハエル!とか、
キミVSアロンソ!とか。
(はたまた、ミカVSミハエル!とかさー)

そのせいもあってか、
なんだかあの2人のライバル関係っていわれてもなんかピンと来ない。
2人とも、別の場所で、点数積み上げて戦ってるみたいな気がしちゃってさ。
(;´Д`)

しかし今回、予選見てたらてっきりハミルトンの圧勝で終わると思ってたもんで、
まさかマッサの首がつながるとは思いもしませんでした。
ある意味、
次戦上海、現地観戦大正解???!!!!とか思ってます。

次がついに決戦だな。

でもここでもアロンソ3連勝!とかやっちゃって、
最後はコヴァをドライバーズで抜いちゃったりしたら、
ロンデニスの頭が噴火してたのしそーなんだけどな!!!(コヴァごめんね)

ところで、

今回トヨタが大躍進!!かと思いきや、
またまた、気がつけば中段、最後は5位?
ってどんだけ中庸なチームなんだ、と苦笑。
富士のカイゼンは大したものだったらしく、
行った友人は、「さすがカイゼンされている!」と言ってましたが、
そりゃ最初からそうしてくれればな!って思っちゃいましたよ。
(;´Д`)
来年鈴鹿は、何が何でも行きますけどね。

あとは、
カズキ、完走したのはえらかったね。
普通、あの状態で、ビリで延々母国を走るのつらかったろうに。
偉かったね。

それもこれも、
最初に無理したハミルトンが遠因ですが。
何故そこでムキになっちゃったの?もーーー。

やっぱタイトル掛かると、異常なプレッシャーになるんですねえ。
今回のマッサの予選もそうだったけどさ。
ある意味、去年のキミは、
タイトルの重圧感じないうちに取っちゃってラッキーだったのかも?
(どのみちプレッシャーに縁のなさそーな、関係ないところで落としそーな、キミではありますが)

いやいや、やっぱり魔物が棲んでますね。日本GP。

それにしても、ヴェッテルは着実にポイント取っててすごいな!!!!マジで。
やっぱりこの子は面白い。
ブルデーも、私的にはけっこうがんばってる印象なのに、
何かと不幸で点数がついてこない。
今回も、絶対!!!マッサのほうが悪いのかと思ってたけど、
結局ブルデーに沙汰が下ったしなぁ。
(もちろん、ピット出口では走行中のマシンに優先権があるんだろうけど、あのマッサの突っ込みはよろしくなかった。もっと注意深くしなよ感じで。なーんか集中力低下による不注意に見えたもん。)

でもまー、日本GP、チームによる差が少なかったせいか接戦で、
ドライバーの腕試しっぽく、大変面白かったですね。
いつでもこれくらいの僅差の中で戦って欲しいな~なんて思っちゃった。(;´Д`)

そんでもって、アロンソ、マジかっこいい。
ヤバイ。
まさかコイツだけは一生応援するわけないって思ってたけど。
今思えば、アロンソのミハエルに対する口の利き方なんて、
ハミルトン憎しのコメントの数々に比べりゃそれなり敬意も払ってたのか?と思えるほど。
(いやそんなわけないか)
ま、要するに、カッとなると口に出すのが、アロンソ。
口では冷静さを装ってるのに手が出るのがハミルトン。

そして、何もないのに自滅しちゃって、
自ら這い上がるのがマッサ。(爆)

さて、キミの印象の薄さは、来季にはカイゼンされるんでしょうか??
スポンサーサイト

テーマ : F1GP 2008
ジャンル : 車・バイク

プロフィール

ぶちょー

Author:ぶちょー
復活のいぶし銀いろ皇帝!!!!
ミハエルシューマッハは永遠のお気に入りとしつつ、
ヴェッテルもマッサもアロンソも、
とにかく熱いヤツを応援している、
まったりミーハーF1ファンです。

QRコード
QRコード
ご来訪ありがとうございます

最近の記事
月別アーカイブ
コメントありがとうございます
カテゴリー
最近のトラックバック
オススメ本
シューマッハ-F1、プライベートのすべてを語る シューマッハ-F1、プライベートのすべてを語る
ザビーネ・ケーム (2003/07/05)
PHP研究所
この商品の詳細を見る
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。