スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国GP現地観戦記 決勝

さてさて。
中国GP、予選結果に関してですが、
まぁ~、ハミルトンでしたね。
フリー3回目まではBMW?!っておもってたけど。
やっぱり蓋を開ければマクラーレン!!!(つうかハミルトン)
ルノーも及ばず、そこはさすがのアロンソ4番手。

しかしマッサは!!
なにやっとるんじゃーーーーぁ。
なんだか、キミとのチーム内バトルを制したことで気が抜けたんでしょうかねえ。
ってまだ録画見てないので、
何があったか分かってないんだけどさ。(すみません)

で、決勝。

この日は、さすがの中国人もけっこう集まってました。
陽気なブラジリアンも「マッサマッサ」コールでもりあがり、
近所にいた1人ハミルトン応援団のおじさん(多分英国人)とエールの交換(つうか応援合戦)
してたりして、いやおうなく気分も盛り上がってきます。
天気もむっちゃいいしね!

B1席は満員の入りでした。

そして!!!
予選までまったくがらがらだった席は、
なんと地元高校生の修学旅行団体?が埋めてしまったのです!!!
そのすごい数ったら!
あっという間に、応援グッズも持たない一群の満員席の出来上がり。

う~~~~ん、
そこまで売れ残ったか!(爆)
その費用を回収すべく、
往復50元のバス代を徴収したんだな~と寂しくなりました。
そんなに売れてないなら、自由席増やして安いチケットを流通させるとか
なんとかすりゃいいのにな。
もったいない。

それでも、なんとか頭数をそろえようとする中国政府に・・・(;´Д`)

あんな席で観戦はやだよ。右も左もわからんし。
あらかじめ授業でルールとか教えてるのかな?
マシンとドライバーを線でつなぐ試験とかしてたりして。。

とかなんとか言っても、
私の席は感じの良いF1スキーで満員で雰囲気もよかったですけどね。

しかし、満員で困るのは、
なんと、煙草!!!!
中国人、みんな平気で席で煙草吸うんですよ!!!
え?サーキットの観客席って禁煙じゃないの?
とあらためてびっくり。
もうね、葉巻は吸うし、臭い煙草吸うし、ほんとにつらかったです。

あと、サーキット放送がなにもないに加え、
サーキットラジオが、私の持参したラジオでは捕まえられませんで。_| ̄|○
そういう仕様なのかなぁ?
愛国者のヘッドブースつけてラジオ聞いてる人が多かったから、
その辺の欧米人捕まえて聞いたら、英語放送もあったらしい。
でもその番号を!私のラジオではつかまないんですわ。
どういうこと??

そんなわけで、ラジオは断念。
しょうがないから、双眼鏡でちっちゃいビジョン見ながらの観戦となりました。
これもう、普段放送見てるから、
オレンジが出れば間が空いてきてるとか、
感覚で分かるけど、普段見てないとどこ見ていいかも分からないから悲惨ですよね。
ううむ。
やはり現地観戦は何度か放送を見てから行くのをおすすめします。
(あとラジオを手に入れる)

さてさて、それでも、今回はまったく混乱もないGPでしたから、
まぁ観戦するグッズとしては、双眼鏡で十分。
あったまくるのは、
モニターの頭がズバッと切れてて、周回数が分からないため、
必然的に今がピットのころあいかさえも分からん!ってことですかね。(;´Д`)
なんとかしてよ!!!中国オーガナイザー!!!


それにしても。

なーんと退屈なレース!
ずばり、今年の中では、バレンシアに次ぐ退屈なレースでは??
見所は、最初の、アロンソがコヴァを抜き返したとこだけかなぁ。
コヴァがタイヤバーストしたときも、別にセーフティカー入らなかったし。
まったく順位どおりの波乱のない展開でしたね。

ま、ヴェッテルがなぜか後方に沈んでて、それだけはなんでだか分からなかったけど、
帰って来てからピットミスと知りました。
・・・がっかり。

あとニコも、現地では、ずっと前の車(レッドブルかな?それともブルデー?)を追いかけて
抜けそうなのに、抜けず、気がつけばこれまた後方に沈んでて。
なんともストレスの溜まるレースでした。

それにしても、
目も前にすると、
絶望的な気持ちになるくらい、
ハミルトンが速いんですよ!!!!

一周ごとにどんどんフェラーリが引き離されていくのは、肌で感じました。
アロンソルノーは、本人も言うとおり、フェラーリになんとかついていけるペースでしたが、
ハミルトンだけは別格に速い。
これは、今回は、誰も彼にかなわないなって気持ちにもなりました。

だから、彼がフィニッシュしたときは、
思わず回り中がスタンディングで拍手を送ったのもさもありなんです。
やっぱり、ヤツは、速いんです。

でも、そんなレースを見せ付けられつつも、
やーっぱり、
マッサやキミと絡んでないで、1人淡々とチャンピオンシップに王手をかけた感は否めず。
すべてはふがいない跳ね馬チームのせいなんだけど。
せめて、キミやマッサが、本気でガチバトルして、
その攻防の中でもぎ取った勝利があと2、3あれば、
ハミルトンもここまでアンチにたたかれることなかったよなぁって思います。

なんていうか、ある意味、
円熟期のシューマッハ的勝ち方が多いから。
そのせいで面白くないって思われちゃうのかな。
実際のハミルトンは、コース上でも抜けるし、レースコントロールも上手だし、
もっと熱いバトルも制するポテンシャルはあるのにね。

次戦は安定志向でいきますよ!な~んて、
いってるけど、どうだか。
そんな三味線にだまされてるとまたポールトゥウィン→チャンピオンなんてやられちゃいますよ。
気を抜いて恥かくなよ>跳ね馬さんち

ある意味、ハミルトンも、日本GPでさんざんみんなに馬鹿呼ばわりされたことが効を奏したといいますか。最後の2せん、冷静さを取り戻すきっかけになったんじゃないかな~って思います。
そりゃそうだ。あそこまで「ハミルトンにはガッカリだ~」コールされたら、かえって冷静にもなりますわ。
そういう意味で、チームもハミも、
今年の最終戦は落とさないような気がしてます。

もう彼らに迷いはないでしょう。

ちなみに、マッサを援護するだの言って、
おかげで自分の首絞めて、
マッサを抜けなかったどころか手加減ついでにコヴァにいっしゅん抜かれちゃったお馬鹿さんのアロンソも、いい加減、そうやって相手をかく乱しようとするのはやめなさいってば。大人気ない。(;´Д`)

この人わりとこーゆーの好きよね。ブリちゃんといっしょで。
しかし、それに返す刀で、
「新人に負けたチャンピオン」な~んてハミに言われちゃってんじゃんよ!あぁもう!
でもここでアロンソに同情はまったくいたしません。(爆)

だって、アロンソも言ったもん。
ルノークルーも、「あの老いぼれ」って言ったもん。
私はその恨みは忘れないんだ。_| ̄|○

いまはアロンソ応援してるけど、
そういう年上を敬わない発言は、
どうせいつか自分に返ってくるんだから!
(そもそもミハエルも自分がそうだったから言われてんだもんな)(;´Д`)

心理戦を仕掛けて、特に相手を怒らせる型の心理戦の場合、
相手からもやり返されて当たり前。
そりゃ、ハミの言い草に、アロンソ応援派閥としては、ムカッときましたが、
これはアロンソが先に言い出したことだから、両成敗。

今回はどっちも悪いやって思います。

しかし心理戦なら、謙虚に三味線引いといていきなりズバッと本領発揮した2006年のミハエルinサンマリノGPとか!それくらい鼻血ものの展開を用意してて欲しいものですよね。
あれはしびれた。
「ホントは速いんじゃなんかーーーーーー」とうれしい悲鳴&涙でしたから。
(あ、思い出しウルッと来ちゃった)

とにかく、相手を悪く言う心理戦は私は好かんよ。
ハミも言った自分を恥じるべき。

さて、

巷では案の定、キミとマッサの順位入れ替えが取りざたされてるみたいだけど??

あれ、サーキットで見てても、
「このふたりは順位入れ替えるよ」って友達に解説してたくらいだから、
普通にやるだろなって感じだったんだけど。

もちろん、せつないよ。

だって去年のチャンピオンだもん。
そのキミが、チームメイトに、
5秒くらい離れてた(よね?)マッサに、数周にわたってペースダウンしたあげく、
ご親切に抜かせてあげて。
そんな姿を、まさか見ることになろうとは・・
つうか、
最後フィニッシュしたとたんマッサを抜いてったのは笑ったが。(;´Д`)

でも、しょうがないよね。
だってここでキミが譲らなかったら、
2ポイント失って、マッサのチャンピオンシップは限りなく遠ざかってたんだし。
でかいよ、その差は。

しかし、
去年のブラジルでは確かにマッサがキミに譲ったけどさ。
もう少し、マッサも、自力で抜くようなそぶりだけでも見せて欲しかったなぁ。
去年のキミは、確かマッサピットストップ時にガンガン飛ばして、
一応は自力で抜いたよね。(マッサが抵抗しなかっただけ)

今年のは、明らかに、数周にわたり、キミがマッサに追いつかせてて。
なんだかその辺だけでも、マッサ、抜かせてもらえるって思ってるよな~って感じました。
なんだかな。

ま、チームオーダーではないですしね。
(あらかじめ取り決めはしてたにせよ)
そんなに大騒ぎするほどのものでもないでしょう?
どこのチームでもやってることだし。
今回は、よりによって、去年のチャンピオンのキミが、譲った、ということがファン的には衝撃だったんだろうな、と。そんな姿は見たくなかったって。
そりゃそうだ。
もしあれがミハエルだったら。
私は泣いて悔しがったと思う。
もちろん、それが正しい判断だと知ってはいても。

それがファン心理だよね。

キミの気持ちが痛いほど分かるから、いっしょに悔しがる。
そういうことなんでしょうね。
たぶん、去年マッサは、母国ブラジルで、その悔しさをかみ締めてただろうし。

そういうドラマも含めて私はF1が大好きだったりするのですが。

ま、世の中には、なぜかそれを、
「チームオーダーけしからん!」とか、「跳ね馬さいてー」とか言う方もいるんだな。
(;´Д`)

しょーがないじゃんね。
お給料もらってんだから。
キミの判断は、当たり前。
ミハエル時代なんか、
シーズン当初からそうだったんだから!
いまとなっては、キミがミハエル時代のセカンドをやらされなくて本当によかったと思うばかりです。(そこか)

てなわけで。

中国GPは、現地観戦したからまだ面白かったけど、
テレビ組はつまんなかったでしょうね。
私的には、
目の前のストレートやコーナーを、空気を切り裂いて走るマシンたちが見れて幸せでした。
やっぱり1年に一度は、サーキットに行かなきゃね。
来年は当然!!!鈴鹿に返り咲きますが。

さて、

決勝後、観客がどわーっとコース上になだれ込んだのを見て、
「わーーー私も!!!」と飛び出したけど、
ときすでに遅し。外は大渋滞。
フェンスも厳重に閉じられちゃいました。がっかり。
モンツァみたく表彰台の下で騒ぎたかった_| ̄|○

その後は、バスの列で、10分~20分位待って乗り込み、
実に2時間以上かけて、上海市外に帰りました。
本当に混んでた。ま、でも、日本だとそこからまた新幹線とか乗るところなので、
そういう意味では、アクセスは大変便利なサーキットですよ!

ちなみに、
今回の戦利品は、
バッタもんにつき、ここに書いていいのか分からないんだけど。(;´Д`)

パネル
ミハエル・シューマッハスチレンボード貼りパネル!!!(なぜかミハエルが数枚残ってた)

と、

缶ばっじ
ここは原宿か?!缶バッヂ!ミハエル&ナノ!!!

でした。
ブラジルミニ国旗は観戦後なくしちゃった。。

しかし、何ゆえアロンソの缶バッヂまで買ってしまったのか。
自分の傾倒ぶりがちょっぴり不安な今日この頃。
いやでも、クビサとかヴェッテルがあっても買ったと思うけどな!
(やはりキミが圧倒的に多いのだ。美形だからか。)

ま、でっかいスチレンボードは、
そのままレストラン行って、椅子に立てかけて、いっしょにお食事♪とかして遊びましたけどね。
やっぱり、ミハエルにカッコイイ。

ってそこで終わりかよ!だけど、観戦記は終わりです。
時間があったら録画で見るかも。
でもつまんないレースだから見ないかも。_| ̄|○
スポンサーサイト

テーマ : F1GP 2008
ジャンル : 車・バイク

プロフィール

ぶちょー

Author:ぶちょー
復活のいぶし銀いろ皇帝!!!!
ミハエルシューマッハは永遠のお気に入りとしつつ、
ヴェッテルもマッサもアロンソも、
とにかく熱いヤツを応援している、
まったりミーハーF1ファンです。

QRコード
QRコード
ご来訪ありがとうございます

最近の記事
月別アーカイブ
コメントありがとうございます
カテゴリー
最近のトラックバック
オススメ本
シューマッハ-F1、プライベートのすべてを語る シューマッハ-F1、プライベートのすべてを語る
ザビーネ・ケーム (2003/07/05)
PHP研究所
この商品の詳細を見る
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。