スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バルセロナテスト

【バルセロナテスト3日目】

1位 J・バトン(ホンダ)       1'13.935 116周
 2位 G・フィジケラ(ルノー)     1'13.971 125周
 3位 F・アロンソ(ルノー)      1'13.977 113周
 4位 R・バリチェロ(ホンダ)     1'14.266 119周
 5位 J・P・モントーヤ(マクラーレン)1'14.588 131周
 6位 K・ライコネン(マクラーレン)  1'15.475  80周
 7位 N・ロズベルグ(ウィリアムズ)  1'15.774  83周
 8位 R・シューマッハ(トヨタ)    1'15.973  97周
 9位 D・クルサード(レッドブル)   1'16.034  54周
10位 J・トゥルーリ(トヨタ)     1'16.057 103周
11位 M・ウェバー(ウィリアムズ)   1'16.128  97周
12位 C・クリエン(レッドブル)    1'16.923  55周
13位 C・アルバース(ミッドランドF1) 1'17.142 79 周
14位 佐藤琢磨(SAF1)       1'19.787  58周


おおお。琢磨のタイムが上がってきてるぞ!(・∀・)
と思ったら、ルノーもホンダも上がってますた。
しっかし日ごとぐんぐん速くなるな~。
しかもルノーはロングランで抜群に速いみたいです。
マクもようやく信頼性が出てきたみたいですね。
今日はキミも「相好を崩す」シーンも見られたとか。
よかったよかった。


・・・・って、
跳ね馬さん的には全然良くないんだけどさ_| ̄|○


今日ニュース読んでて吹いたんだけど。
「ミハエル曰く、去年より今年のマシンはいい」





・・・・
あったりまえじゃねーか!!!Σ(゚Д゚;≡
なにその今さら謙虚な発言は。



もしかして、ほんとに不安なマシンなのか?>248F
心臓に悪いからやめて。


しかし、どのチームもいろいろ不安要素抱えてますがね。
こうなってみると、スーアグなんかは、
遅くて当たり前!
なんかちょっと周回重ねるだけで奇跡!
タイムが縮もうものなら、おおびっくり!
えらいえらい琢磨よくやったね!ってーな
喜び沸点の低い感じがクセになってきた。(;´∀`)



別の意味で気楽に見ていられて和むな~と。
オリンピックに町内運動会が混ざってる感じですか。
ま、チーム仲も一番良さそうですしね。
このぎすぎすした2006年チームにおいて、
跳ね馬かスーアグかってな団結力ですよ。
やっぱ、そういうチームは、見ててほっとするなぁ。
スポンサーサイト

テーマ : F1GP 2006
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぶちょー

Author:ぶちょー
復活のいぶし銀いろ皇帝!!!!
ミハエルシューマッハは永遠のお気に入りとしつつ、
ヴェッテルもマッサもアロンソも、
とにかく熱いヤツを応援している、
まったりミーハーF1ファンです。

QRコード
QRコード
ご来訪ありがとうございます

最近の記事
月別アーカイブ
コメントありがとうございます
カテゴリー
最近のトラックバック
オススメ本
シューマッハ-F1、プライベートのすべてを語る シューマッハ-F1、プライベートのすべてを語る
ザビーネ・ケーム (2003/07/05)
PHP研究所
この商品の詳細を見る
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。